日本もいよいよ冬の足音が聞こえてきました。
日本の冬は魚をはじめ、おいしいものがたくさん。
中でも絶対に外せない冬の定番グルメが鍋。
長年日本で親しまれてきた鍋料理は、地域によって味も具材もさまざま。
そのバリエーションは数えきれないほどです。
それでも、毎年斬新な鍋料理がどんどん生まれています。

 

 

 

 

 

 

 

伝統的な冬の日本料理を代表する鍋料理ですが、
実はその歴史はそれほど古くなく、今のようなみんなで鍋をつつくスタイルが確立したのは江戸時代~明治時代だと言われています。
それまでは一人一人自分の膳で食事をするのが当たり前だったため
大きな鍋をみんなで囲んで食べるという習慣はなかったのだそう。

鍋は野菜や肉、魚など多くの具材を一度に食べることができ、
スープに溶け込んだ栄養素を無駄なく摂れる素晴らしい料理です。
スタイルも味付けも自由自在!
ダイエットにも最適なので、ぜひオリジナルの鍋レシピに今年は挑戦してみてはいかが?