お茶の水は不思議な地名です。
お茶の縁もあまり無く、水の湧き出ているとの噂も近年は聞きません。

その由来は、2代将軍徳川秀忠が鷹狩りの帰りに立ち寄った金峰山高林寺という寺から湧き出ていた水を使ってお茶を飲んで以来、徳川家御用達の名水となったことにあるそうです。

江戸の北東に位置するこの街には、そういえば神田から移った神田明神が江戸総鎮守として街を守っていました。turu

gaikan

紙を折って動植物などの形を作るのが「折り紙」です。

そんな折り紙は江戸時代から私達に親しまれてきた日本伝統の遊びです。
おりがみ会館は、そんな折り紙文化の発信地。

毎日行われている実演や様々な作品を通じて折り紙の奥深さを感じることができる場所です。
初心者向けの教室を随時実施していますので、ぜひ体験してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

神田明神
http://www.kandamyoujin.or.jp/profile/
おりがみ会館-和紙・折り紙・染紙・千代紙製造の老舗-
http://www.origamikaikan.co.jp/