プリクラ、すなわちプリントクラブ。バックグラウンドやフレームを選べる写真シールを撮る機械。1995年に登場以来、プリクラは日本で大ヒットした。特に女子高生たちに人気になった。街中いたる場所で撮られ、友達同士のアルバムの中での交換が頻繁に行われた。数百円の値段で簡単に撮れるという点でもプリクラは友達同士のコミュニケーションツールとして重要な役割を果たした。ヒット以来17年、プリクラはまだ進化を続け、可愛さや美しささえも提供するようになってしまった。

 

 

 

120611-2

プリクラの機械はブースで写真を撮り、モニターでイメージを編集できるという構成からなっている。さらに最近のプリクラは美肌効果まで出せるようになっている。上質なカメラと真っ白なライト。モニターで可愛い背景やフレームを選び、優しいイメージやクールな感じなどそれぞれの好みによって変えられる。

これが終わると写真は光沢やチークが加えられる。こうやってユーザーがどう可愛く/綺麗に映りたいかを選ばせてくれる。

 

popb120216

写真を撮るブースの中はフラッシュがすごい。そのためユーザーの肌をとてもきれいに映すことが出来る。

 

プリクラはそれだけでなく、目を大きく見せることも出来る。カメラは目の場所をちゃんと捉え、瞳のサイズを変えることも出来る。機械によるけれど、まつげを長く、より多くして可愛く見せることも出来るものもある。

 

popc120216

他に出来ることは、自然に脚を補足したり、顔を小さくしたりも出来る。

 

他に楽しむ方法は、グラフィックや文字やメッセージを入れることも出来る。機械に一緒に添えられているペンでカラフルなメッセージを残すことも可能。

一番新しいプリクラモデルは更にたくさんのオプションがある。ぴかぴか光った眼鏡を付け加えられたり。うさぎの耳をつけられたりもする。雑誌の1ページみたいに何種類もコラージュ出来たりもする。最近は携帯にそのデータを送ることも可能で個人的なブログやTwitter、その他のSNSにアップすることも出来る。このことから分かるようにプリクラは、その時代に合ったように進化しているのだ。

 

pope120216

最近ではこのプリクラと同じように、写真に文字が書けるアプリがスマートフォンで使われている。このことは日本国外でも話題になっている。どうやら海外でプリクラブームらしい。

若い女性が自分たちを可愛く見せ、綺麗に見せるチャンスがあるプリクラはこんなに進化した。今後このプリクラ、更にどうなっていくのかが楽しみである。