江戸時代またはそれ以前に建てられた数々のお城の中でも、修復を重ねながら現存する天守(天守閣)があるお城は日本全国に12城しか残っていません。世界遺産に登録されているものや、国宝に指定されているものなど、どの城も歴史的にとても貴重な文化財です。廃城令や戦争の被害を乗り越えて、その凛々しく美しい姿を残す日本のお城を見に行ってみませんか?

 

 

 

東北で唯一天守が残っている「弘前城」(青森県)

 

別名鷹岡城または高岡城と呼ばれる弘前城は、かつての陸奥国鼻和郡(むつのくにはなわぐん)現在の青森県弘前市にあるお城です。築城されたのは1611年で、江戸時代には津軽地方の政治経済の中心地でした。落雷による火災などに見舞われながらも修復を重ね、天守、櫓(やぐら)、堀、門、石垣、土塁が廃城当時の姿を残し、国の重要文化財に指定されています。また、城跡は国の史跡となっており、東北で唯一天守が残る城として貴重な歴史的文化財です。

 

 

【INFOMATION】

青森県弘前市大字下白銀町1番地1(弘前公園内)

弘前駅よりバスで約15分

青森県観光情報サイトアプティネット「史跡 弘前城」

弘前公園公式ウェブサイト

 

 

 

現存する五重天守の中で日本最古の国宝の城「松本城」(長野県)

 

深志城(ふかしじょう)と呼ばれ、市民からは烏城(からすじょう)とも呼ばれた松本城の歴史は戦国時代、安土桃山時代にさかのぼり、現存する五重天守の中では、日本最古の国宝の城として知られています。現存する12天守の中では、唯一の平城で、複合式天守と呼ばれる構造が特徴的なお城で、これは松本城にだけ見られるものです。城跡は国の史跡に指定されており、城壁の黒と白が背景にあるアルプス山系に映え、堀と赤い橋とともに素晴らしい景観を作り上げています。

 

 

【INFOMATION】

長野県松本市丸の内4番1号

松本駅より徒歩約15分

松本市公式観光情報新まつもと物語「国宝 松本城」

国宝松本城公式ウェブサイト

 

 

 

大蛇が霞を吹いて城を隠した伝説が残る「丸岡城」(福井県)

 

別名霞ヶ城(かすみがじょう)と呼ばれた丸岡城は、安土桃山時代、天正4年(1576年)に築城され、現存する天守としては最も古いものの一つと考えられています。霞ヶ城の名の由来は、合戦の時に大蛇が現れて霞を吹き、城を隠したという伝説から来ています。天守は国の重要文化財に指定され、その他石垣が現存しています。北陸唯一の現存天守であり、春は桜の名所、冬は雪景色とともに、美しい景観を楽しめる観光スポットとして有名です。

 

 

【INFOMATION】

福井県坂井市丸岡町霞町1-59

芦原温泉駅よりバスで約20分

福井県観光情報ホームページふくいドットコム「丸岡城」

 

 

 

日本で最も長く個人が所有していた城「犬山城」(愛知県)

 

文明元年(1469年)に織田氏によって築城された犬山城は、2004年まで個人が所有しており、日本で最後まで個人が所有していたお城です。別名白帝城と呼ばれ、天守は国宝、城跡は国の史跡に指定されています。木曽川のほとりに建つ犬山城は、自然風景に映えるフォトジェニックなスポット。さらに、周辺には岐阜城や鵜沼城など、肉眼で確認できる城が多くあり、当時の緊張感がうかがえます。エレベーターが設置されていないなど、観光名所としての改修も他の城に比べるとほとんどされておらず、当時の環境が残されているのも魅力です。

 

 

【INFOMATION】

愛知県犬山市大字犬山字北古券65-2

犬山遊園駅より徒歩約15分、または犬山駅より徒歩約20分

犬山観光情報「国宝 犬山城」

国宝犬山城公式ウェブサイト

 

 

 

世界遺産候補にもなるほどの重要文化財「彦根城」(滋賀県)

 

元和8年(1622年)に井伊氏によって築城された彦根城は、天守、附櫓(つけやぐら)、多聞櫓(たもんやぐら)は国宝、城跡は特別史跡かつ琵琶湖国定公園第1種特別地域とされ、歴史的にとても重要な文化財とされています。城の北側には、玄宮園と楽々園という二つの大名庭園があり、国の名勝とされていることでも、多くの人が訪れる日本を代表する観光名所の一つです。彦根城には大きな馬屋が残っており、国内の近世城郭に残る馬屋は他には見られないことで、国の重要文化財に指定されています。

 

 

【INFOMATION】

滋賀県彦根市金亀町1-1

彦根駅より徒歩約15分

彦根観光ガイド「国宝彦根城」

 

 

 

言わずと知れた世界遺産の名城「姫路城」(兵庫県)

 

江戸時代初期、1346年に赤松氏によって築城されたと言われる姫路城は、別名白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)と呼ばれ、天守や櫓などの主要建築物が現存しており、国宝や重要文化財に指定されています。中堀の内側は姫路城跡として、国の特別史跡にも指定されています。さらに、ユネスコの世界遺産リストにも登録されたことで、世界的にその名が広まりました。日本100名城など、さまざまな100選に数えられ、国内でもマニアも認める名城中の名城です。戦時中の空襲にも焼け落ちることなく、貴重な文化財を失わずにすんだことは奇跡ともいえるでしょう。

 

 

【INFOMATION】

兵庫県姫路市本町68

姫路駅より徒歩約15分

姫路観光ナビ ひめのみち「東西南北 魅せる 姫路城」

姫路城公式ウェブサイト

 

 

 

再び国宝に返り咲いた「松江城」(島根県)

 

慶長16年(1611年)に、出雲、隠岐を制した堀尾氏によって築城された松江城は、山陰地方で唯一天守が現存しているお城です。天守は国宝、城跡は国の史跡に指定されており、重要な文化財となっています。松江城から見える大山など、お城を取り囲む風景とともに、都市景観100選や日本さくら名所100選などにもえらばれ、フォトジェニックな景色を楽しめる場所としても人気です。外観だけでなく、井戸や貯蔵庫、細部の作りなど、内観も見どころが多く、訪れる人が絶えません。

 

 

【INFOMATION】

島根県松江市殿町1-5

松江駅よりバスで約10分

松江観光協会公式ウェブサイト「国宝 松江城」

松江城公式ウェブサイト

 

 

 

日本三大山城に数えられる「備中松山城」(岡山県)

 

戦国時代の物々しさを思わせる巨大な岸壁に囲まれた備中松山城。築城は天和元年(1681年)と考えられていますが、その前進となるお城は鎌倉時代に建てられていたと言われています。近世城郭としては珍しい連郭式山城で、日本三大山城に数えられる名城です。標高430メートルにある山城であるのでたどり着くまでが少し大変ですが、上から城下町を見下ろす景色も素晴らしいですよ!特に、秋から春の早朝に見られる雲海に浮かぶ松山城はとても幻想的で、多くの人々を魅了し続けています。

 

 

【INFOMATION】

岡山県高梁市内山下1

備中高梁駅よりタクシーで約10分

高梁市観光ガイド「備中松山城」

岡山観光WEB「備中松山城」

 

 

 

三つの日本一がある名城!「丸亀城(まるがめじょう)」(香川県)

 

現存天守の中でもっとも小さな天守を持つ丸亀城ですが、60メートルある花崗岩で作られた石垣は日本一だと言われています。天守こそ小さいものの、山全体に積み上げられた石垣の要塞には力強さを感じます。天守と櫓、城門は重要な文化財に、城跡は国の史跡に指定され、日本100名城にも数えられる名城です。また、三つの「日本一」があるお城として知られています。一つはその石垣の高さ、二つ目は三重三階の構造を持つ現存天守閣の中で最も小さいということ、そして三つ目は、二の丸にある井戸の深さで、なんと65メートルもあります。小さいながらも存在感たっぷりの魅力的なお城です。

 

 

【INFOMATION】

香川県丸亀市一番丁

丸亀駅より徒歩約10分

香川県観光協会公式サイトうどん県旅ネット「丸亀城」

丸亀城公式ウェブサイト

 

 

 

ミシュラン二つ星にも輝いた名城「伊予松山城」(愛媛県)

 

現存天守12城の中で、唯一親藩(松平氏)が築城し、徳川家の葵の御紋が付された由緒正しいお城です。城跡は国の史跡に、天守を含む21棟もの建造物が現存し、それらは重要文化財に指定されています。天丸、まつ姫と名付けられた瓦でできているしゃちほこや、江戸時代に下見板の裏面へ墨で描いたものと推定される侍の似顔絵など、お城全体の外観だけでなく、細部にも気になる見どころの多い魅力的なお城です。

 

 

【INFOMATION】

愛媛県松山市丸之内1

松山駅から道後温泉行き市内電車で大街道まで約10分

いよ観ネット「松山城」

松山城公式ウェブサイト

 

 

 

最古かつ最大の門が魅力「宇和島城(うわじまじょう)」(愛媛県)

 

幕末の国事斡旋の舞台として知られる天赦園(てんしゃえん)や、樺崎砲台(かばさきほうだい)、伊達博物館など、伊達家ゆかりの史跡が多い宇和島市にある名城です。北側が海に面しているため、敵が攻撃しにくいような場所にあることや、外郭が五角形になっていることなど、設計段階での工夫が多くみられるお城です。特筆すべきは外郭の南側にある上り立ち門。薬医門という形式の城門では最大級の大きさということに加え、現存する最古の薬医門とも言われています。

 

 

【INFOMATION】

愛媛県宇和島市丸之内1

宇和島駅よりバスで約5分

宇和島市観光ガイド「宇和島城」

 

 

 

多くの建造物が当時の姿のまま残る「高知城」(高知県)

 

別名鷹城と呼ばれる高知城は、国内に残る史跡の中でもとても貴重なお城の一つで、天守が現存している以外にも数多くの建造物が江戸時代の頃のまま残されています。特に、重要文化財にも指定されている懐徳館(かいとくかん)と呼ばれる本丸御殿が残っていることは非常に珍しく、注目を集めています。独自の排水設備や防御にすぐれた工夫、国内最大級の騎馬銅像など、見どころ満載のお城です。天守最上階からの眺めも絶景で、高知市内を一望することができます。

 

 

【INFOMATION】

高知県高知市丸ノ内1-2-1

高知駅より徒歩約30分または路面電車で約10分

高知県の観光情報サイトよさこいネット「高知城(天守・懐徳館)」

高知城公式ウェブサイト

 

 

 

世界中にあるあらゆるお城の中でも独特な日本のお城。形状だけでなく、歴史に触れて、その魅力をもっと知ってみませんか?