地球、大地を意味する言葉、ジオ。そこで育まれるものの中には、歴史と命につながる食文化があります。その土地の特徴や気候を活かして生み出されてきた伝統、郷土料理や、進化した新しい料理など、どんな場所にもローカルグルメは存在します。食は旅の大きな楽しみ。南紀熊野ジオパークならではの魅力的なジオフードを味わってみましょう!

 

 

和歌山県へのアクセスはこちらです。

 

 

和歌山のソウルフード「茶がゆ」

 

「おかいさん」と呼ばれ、庶民に親しまれてきた和歌山の伝統料理「茶がゆ」。昔、米は平野が少ない南紀熊野ではとても貴重でした。そこで、南紀熊野ではおいしいお茶を栽培するのに適していたこともあり、お茶で粥を作り、食べられるようになったと言われています。家庭によって味わいもさまざま。日常的に親しまれているソウルフードとも言える料理で、缶詰のものまであるんです。

 

 

 

水揚げ量日本一!「マグロ」

 

和歌山はおいしいマグロを食べられるところとして有名です。中でも、那智勝浦町の勝浦漁港は、生鮮マグロの水揚げ量が日本一なんです。季節によって水揚げされるマグロの種類は変わりますが、年間を通して新鮮なマグロを食べられるなんて嬉しいですね。お刺身やお寿司はもちろん、マグロカツなど、さまざまなマグロ料理を味わえるのも和歌山グルメの魅力です。

 

 

 

独特な漁法が名物「かつお」

かつおのたたき

船を止めずに走らせながら、疑似餌で釣るケンケン漁という漁法でかつおを釣るのが和歌山流。と言っても、実はこの漁法は明治時代にハワイから伝わった漁法なのだそう。新鮮なかつおは、地元和歌山では、たたきよりもお刺身で食べるのが人気です。

 

 

 

熊野に伝わる素朴な郷土料理「めはりずし」

 

古より伝わるファストフードとも言われるめはりずしは、おにぎりを高菜の葉で包んだだけのシンプルで手軽な郷土料理。持ち運びやすく、手軽に食べられることから、熊野古道を参詣に向けて歩いた人々を支えた食べ物だとも言えます。素朴なおいしさは今も昔も変わらず、現在でも地元で愛されているのはもちろん、観光客にも人気の名物となっています。

 

 

 

さんまは寿司で食べるのが和歌山スタイル「さんま寿司」

 

秋の味覚として知られるさんまが和歌山にやってくるのは冬の時期。北の海から和歌山沖まで南下してきたさんまは、長旅で身が締まり、ほどよく脂が落ちてさっぱりとした味わいになり、お寿司で食べるのに適しているんです。さんま寿司と言っても、1500年もの歴史を持つさんま姿寿司や、酢を使わずに発酵させたさんまなれ寿司などの種類があります。さんま寿司を食べ比べてみるのも、和歌山旅行の楽しみの一つです。

 

 

 

実はおいしくてヘルシーな「うつぼ」

うつぼの唐揚げ

 

うつぼと聞くと、ちょっと怖いとか、気持ち悪いイメージがあるかもしれません。しかし、和歌山では古くから郷土料理として親しみのある魚。見た目の恐ろしさを感じさせないほど、あっさりと上品な味わいなんです。しかも、栄養が豊富でローカロリー!淡泊なので、煮ても焼いても揚げても良し!どんなお料理にも合うのも魅力です。和歌山に行ったらぜひ味わってみてください。

 

 

 

昔から熊野にいた牛の血を引く「熊野牛」

 

熊野には、平安時代の頃から労働力として牛が飼われていたと言われます。その熊野の牛の血を引き、近年但馬牛の血も引き継いで高級ブランド牛となったのが熊野牛。その味わいは、きめ細やかで柔らかく、お肉本来の風味がすばらしいと評判です。特に焼いた時の香ばしい香りの良さも、熊野牛ならではの魅力と言われています。

 

 

 

すさみ生まれのおいしいお肉「イノブタ」

 

イノシシを父に、ブタを母に1970年にすさみ町で生まれたイノブタは、まさにイノシシとブタの良いとこ取り!猪肉本来の深みのある風味を持ちながらも、柔らかくてクセのないおいしさが人気の秘密!くさみもないのでとても食べやすいんです。保水力が高く、パサつかず、程よく乗った脂も甘みとコクがあることで、その人気は高まるばかり。今では、さらにおいしさを追求したブランドイノブタまで登場!すさみ町を訪れたら味わってみないと損です!

 

 

 

幻のかんきつ「じゃばら」

 

日本で自生していたのが和歌山県の北山村だけという、全国的にとてもめずらしいかんきつ系果実です。たった一本の原木からじゃばら栽培がスタートし、今では村の特産品となりました。ゆずやかぼすを思わせる香り高さが特徴で、ジュースやジャム、ポン酢、おかしなどさまざまなじゃばら商品がお土産として人気です。県内にはじゃばら湯を提供する温泉もあります。

 

 

 

熊野に伝わるおいしいこんにゃく「篠尾(ささび)こんにゃく」

 

戦前の頃より、熊野川町篠尾地区で作られてきているこんにゃく。この地域の気温や地質が良質のこんにゃく芋を育てるので、とてもおいしいと評判なんです。特産品としてだけでなく、こんにゃくづくりが体験できるところもあり、そのおいしさを広めています。

 

 

この土地の自然の恵み、南紀熊野だからこそ発展した食文化を味わいに行ってみませんか?

 

 

写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟