冬の東北はとにかくおいしい!いえ、正確に言うと一年中おいしい! 肉も、魚も、米も、野菜も全部おいしいのが東北。中でも仙台を中心に、宮城県は観光地として不動の人気があります。東京からのアクセスが良いことはもちろん、数多くの観光スポットが点在し、美味しいグルメも盛りだくさん。宮城の冬は実はあまり知られていない絶品グルメもあるんですよ。

 

 

宮城県へのアクセスはこちらです。

 

 

おみやげの定番としてだけじゃない「笹かまぼこ」(仙台市)

 

笹かまぼこと言えば、ずんだ餅と並ぶ仙台のおみやげの定番。しかし、それだけではないんです。冬には多くのかまぼこ屋さんで、せりを使うなどして工夫を凝らした冬限定の笹かまぼこが販売されます。それだけではなく、笹かまぼこはクセもなく、やさしい味わいなので、鍋料理やうどんに入れたりと、温かい汁物にも良く合います。軽くあぶって、熱燗と一緒にというのも冬ならでは。冬だけのおいしい笹かまぼこを味わってみてください。

 

 

 

伊達家御用達の高級素麺「白石温麺(しろいしうーめん)」(白石市)

 

白石市の特産品の素麺の一種である温麺。素麺と違って油を使っていないので、よりさっぱりして上品であることから、伊達家も贈答品として使っていたという伝統の味なんです。元々は醤油や味噌で味付けをした汁につけて食べるのが一般的ですが、近年ではたくさんのアレンジメニューが生まれています。元々シンプルなだけにアレンジの幅も自在!冬限定の温麺もいろいろ提供されているので、お気に入りのお店を探してみてください。

 

宮城まるごと探訪「白石温麺」

http://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=15921

 

 

 

おなかも心もぽかぽかになる故郷の味「おくずかけ」(県内各地)

 

細かく切った野菜を出汁で煮て、白石うーめんを加え、片栗粉でとろみをつけて素材の旨みを閉じ込めたあつあつの郷土料理です。素朴だけど、野菜の旨みも溶け出して、ほっとするおいしさ。おなかの中も、心もぽかぽかになります。

 

 

 

登米地方に古くから伝わる家庭の味「はっと」(登米市、他)

 

はっととは、小麦粉を水で練り、薄く伸ばして茹でたものをいいます。登米地方では、古くからこのはっとを使ったはっと汁が食べられており、味噌汁のような感覚で出てくる家庭もあるんです。つまり、具材も味付けも家庭によっていろいろですが、日常的に親しまれている郷土料理ということ。寒い時期になると、登米以外でも県内の冬のイベントなどで見かけるようになります。

 

宮城まるごと探訪「はっと」

http://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=15924

 

 

 

意外に新しいご当地グルメ「そばだんご」(栗原市)

 

栗駒山麓はそばの名産地!このおいしいそば粉を使って、新しい栗原の郷土料理として生まれたのが、このそばだんご。そば粉を丸める際に、水と空気を混ぜながらふんわりと団子状にするので、意外にふわふわとやわらかい食感なんです。醤油ベースのあっさりしたスープに、ふわっと香るそばの香り、季節の野菜のうまみが心も体を温めてくれます。

 

 

宮城まるごと探訪「栗原のグルメと工芸品」

http://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=10614

 

 

 

極寒の日に食べたい冬のごちそう「どんこ汁」(三陸地方)

 

三陸の人々にとって、どんこのない冬ほど味気ないものはないかもしれないくらい、誰もが大好きな冬の味覚です。大根や豆腐、ねぎなどと一緒に味噌仕立てで煮込んだ汁物で、肝も一緒に入れてしまえば、極上のおいしさ。あんこう鍋よりもおいしいという人までいるほど!大鍋のどんこ汁をみんなでわいわい囲むのも冬の楽しみです。

 

宮城まるごと探訪「どんこ汁」

https://www.miyagi-kankou.or.jp/kakikomi/detail.php?id=1314

 

 

 

他にはない、ハゼ出汁のお雑煮「仙台雑煮」(仙台市)

 

松島湾で捕れるハゼを焼き干しにしたものから出汁をとる、めずらしい仙台ならではのお雑煮。千切りの大根、人参、ゴボウを一度茹でてから一晩外に出して凍みさせるというのも東北らしい調理!味付けは醤油で、餅は焼いた角餅。出汁をとる時にハゼを崩さないようにするのは、お椀に盛ってから飾るためなんです。さらに、旬のセリと筋子までトッピングされ、まさにお正月にふさわしい、豪華なお雑煮です!

 

宮城まるごと探訪「仙台雑煮」

https://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=7179

 

 

 

煮て焼いて毎日でも食べたい「牡蠣」(松島町、石巻市、気仙沼市、他)

 

宮城の牡蠣と言えば、松島ですが、石巻や気仙沼の牡蠣も、その質の良さで人気があります。冬になれば、カキ小屋が開店します。プリプリ新鮮で濃厚生ガキはもちろん、焼きガキも捨てがたい!冬だし、仙台野菜と一緒に食べるカキ鍋も最高です。シメにはカキ飯も外せません。近年話題の松島カキバーガーなるB級グルメも食べてみたいもの!旅の間、毎日牡蠣を食べても、違う味わいに出会えます!どんなカキ料理を食べたいですか?

 

宮城まるごと探訪「カキ尽くし」

http://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=7236

 

 

 

宮城だから食べられるいろんな「フカヒレ」(気仙沼市、他)

 

フカヒレというと、高級中華料理に出てくる姿煮を思い浮かべますが、フカヒレ生産量日本一の気仙沼には、さまざまなフカヒレ料理があります。フカヒレのお寿司やどんぶり、ラーメンまで!フカヒレは冬に天日干しして乾燥させるので、冬に訪れるとフカヒレを干している光景を見ることもできます!

 

宮城まるごと探訪「ふかひれ」

https://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=13427

 

 

 

冬メカが絶品「メカジキ」(気仙沼市、他)

 

昔から気仙沼の人々にとって、メカジキは特別な海の味覚でした。メカジキはエビやカニを食べていて、うまみたっぷり。寒くなるほど脂が乗っておいしくなります。特に、10月から3月に水揚される“冬メカ”が絶品!お刺身はもちろん、どんなお料理にも合うので、さまざまな味わいを楽しめる冬の味覚です。

 

 

 

南三陸名産の絶品たこ「志津川たこ」(南三陸町)

 

たこと言えば兵庫県の明石が有名ですが、南三陸志津川で水揚げされるたこは同じくらいおいしいことから、「西の明石、東の志津川」と言われるほど。その秘密は、三陸のおいしいホタテや牡蠣を食べているから!旬は秋から冬!お刺身ならお醤油をつけなくてもいいほど深いうまみがあります!ご飯にうまみを吸わせたたこ飯もおすすめ!

 

 

宮城まるごと探訪「志津川のタコ」

https://www.miyagi-kankou.or.jp/kakikomi/detail.php?id=3689

 

 

 

石巻港の水揚げ量の4割はサバ「金華サバ」(石巻市)

 

全国屈指の水揚げ量を誇る石巻港。その水揚げ量の4割はサバだというほど、たくさんのおいしいサバが捕れるんです。中でも、秋から冬に捕れる金華サバは一度食べたら忘れられないおいしさがあります!新鮮な金華サバは、お刺身で食べればとろけるようなおいしさ。脂がしっかり乗っているので、しめ鯖でさっぱりと凝縮したうまみを感じるのも最高です!

 

宮城まるごと探訪「金華ブランド」

https://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=10482

 

 

 

ぜいたくすぎる郷土料理「はらこめし」(亘理町)

 

亘理町の名物はらこめしは、宮城を代表するぜいたくすぎる郷土料理の一つ。ぜいたくなのは、惜しみなく乗っている大量のイクラだけではないんです。脂の乗った秋鮭の身とアラをお醤油などで味を整えて煮込み、その煮汁でご飯を炊きます。その上に、鮭とイクラがたっぷり乗せられ、できあがる鮭の親子丼!トッピングや味付けはお店によって工夫が凝らされています。冬だけのぜいたくな一杯、お気に入りのお店を見つけてみてください。

 

 

 

はらこめしの時期が終わったら「ほっき飯」(亘理町)

写真はイメージです。

秋から冬の亘理の名物、はらこめしの時期が終わったら、次に待っているのがほっき飯。冬から春にかけてが旬です。ほっき貝のうまみいっぱいに炊いたご飯の上に、ふっくらと煮つけたほっき貝があざやかに乗ります。生の貝は苦手という人でも、香り豊かなほっき飯なら食べられるかも!一度食べてみる価値アリですよ!

 

宮城まるごと探訪「ほっき飯」

https://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=7108

 

 

 

伝統のマタギ文化をおいしくいただく「いのしし鍋」(県内各地)

写真はイメージです。

特に山間部で昔から親しまれているいのしし鍋。しし鍋、ぼたん鍋とも呼ばれています。冬を越すために栄養をたくわえたいのししは脂がのっていてとてもおいしいんです。と言うと、脂っぽさをイメージしてしまうかもしれませんが、いのししの脂はさっぱりとしていて、冬の肉は甘みと旨みがしっかり感じられるんです。冬ならではの山の恵みです。

 

宮城まるごと探訪「イノシシ料理」

https://www.miyagi-kankou.or.jp/kakikomi/detail.php?id=2619

 

 

 

宮城の絶品鍋に入れたい「仙台野菜」(仙台市)

曲がりネギ

冬の宮城県で鍋を食べるなら、仙台野菜は欠かせません。先人の知恵が甘みとやわかさを実現した曲がりネギ、肉厚でうまみも栄養もいっぱいのちぢみほうれん草や仙台雪菜、鍋に欠かせない仙台白菜やセリなど、宮城県ならではの伝統野菜がたくさんあります。しし鍋やカキ鍋、仙台牛や宮城野豚と一緒にしゃぶしゃぶで食べるのもおすすめ!ちょっと珍しい仙台芭蕉菜は、お漬物がおいしいですよ。

 

 

 

冬の宮城の隠れた名物「セリ鍋」(仙台市、他)

 

セリが主役になる鍋なんて、聞いたことがないかもしれません。しかし、仙台では、市内のお店でセリ鍋を見かけるようになると「冬が来た!」と感じるほどの冬の風物詩なんです。しゃきしゃきとした食感で、あっさりしているからいくらでも食べられそう!根っこまで食べるのが特徴で、栄養たっぷり、ヘルシーです!鍋以外にも、旬の食べ物として、せりそばもおすすめです!

 

宮城まるごと探訪「セリ」

http://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=15919

 

 

 

注目のイタリア野菜!「プンタレッラ」(県内各地)

 

宮城県で栽培されているめずらしい野菜は、ご当地モノだけではありません。宮城県とイタリア、ローマ県が友好姉妹県となっていることから、近年イタリア野菜の栽培にも力を入れています。そのうちの一つがプンタレッラ。イタリアでは冬野菜の王様と呼ばれています。サラダにすると、シャキシャキの食感とほろ苦さが後をひくおいしさです!どんな野菜か、ぜひ味わってみてください。

 

 

ご紹介した宮城の冬グルメはほんの一部!冬ならではのおいしい体験が宮城県にはたくさんありますよ。

 

 

写真提供:みやぎデジタルフォトライブラリー

http://digi-photo.pref.miyagi.jp/index.php?lang=jp