温泉にイルミネーション、冬の味覚など、福島県だからこそ楽しめる冬があります。地域によって異なる気候や地形が、それぞれの伝統文化の個性になっているのも魅力で、福島県ならではの冬のお楽しみイベントやスポットになっています。県内各地で開催されているイルミネーションイベントはこちらで確認してもらいつつ、そのほかに冬の福島を満喫できるエキサイティングスポットを紹介します。

 

 

福島県へのアクセスはこちらです。

 

 

900年以上続く木幡の師走の風物詩「木幡の幡祭り(こはたのはたまつり)」(二本松市)

 

950年以上も続く木幡地区を代表するお祭りの一つで、日本三大旗祭りの一つに数えられています。隠津島神社の氏子である木幡の9地区の人々があざやかな五色の旗を翻し、ホラ貝を響かせ練り歩きます。国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統行事です。

 

 

【INFOMATION】

福島県二本松市木幡

開催場所:木幡住民センター、木幡山 他

ふくしまの旅「木幡の幡祭り」

 

 

 

冬こそ行きたい「旧堀切邸 」(福島市)

 

江戸時代から続いていた旧家で、現存する県内最大で最古の土蔵「十間蔵」は1775年に建築されたものだと言われる、歴史的価値の高い建造物です。四季折々の庭園風景を楽しむことができますが、冬にこそ訪れたい場所でもあります。その理由は、源泉かけ流しの足湯につかりながら、温かく雪化粧の庭園を見ることができるから。夜にはライトアップされ、銀世界に趣のある風景が浮かびます。

 

 

【INFOMATION】

福島県福島市飯坂町東滝ノ町16

飯坂温泉駅より徒歩約5分

ふくしまの旅「旧堀切邸」

 

 

 

冬の寒さも吹き飛ばす「つるりんこ祭り 」(郡山市)

 

郡山の磐梯熱海温泉の冬を盛り上げる一大イベントです。氷上綱引き大会や、スケート体験教室でアクティブに寒さを吹き飛ばせます!冷えた体は足湯やつるりんこ鍋で温まりますよ。

 

 

【INFOMATION】

福島県郡山市熱海町高玉字南泥布沢2-7 郡山スケート場

磐梯熱海駅より徒歩約15分

ふくしまの旅「つるりんこ祭り」

 

 

 

300年続く白河の伝統を告げる「白河だるま市」(白河市)

 

白河藩主松平定信が城下の繁栄を願って開いたことが始まりだと言われています。白河だるまは、やさしい顔が特徴の白河の伝統工芸。年間15万個ものだるまが生産されている町ならではの冬のイベントです。

 

 

【INFOMATION】

福島県白河市 市内目抜き通り(本町~天神町)

白河駅より徒歩約5分

開催時期:毎年2月11日

 

 

 

冬にあざやかなお雛さま 「いわき市つるし雛飾りまつり 」(いわき市)

 

お雛さまというと、3月のイメージですが、いわき市のつるし雛飾りまつりは2月に開催されます。港町である中之作地区で、町を活性化しようと、手作りの色とりどりのつるし雛が、古民家の軒下に飾られます。

 

 

【INFOMATION】

福島県いわき市中之作字川岸10 清航館

開催時期:毎年2月上旬 (2019年は2月2日から4日まで)

 

 

 

1000年以上前の伝説が起源になっている冬の奇祭「七日堂裸参り」(柳津町)

福満虚空蔵尊

 

毎年1月7日の夜、男たちが裸一貫で大きなかけ声をあげながら、福満虚空蔵菩薩圓蔵寺を目指して駆け上がります。本堂に入ると、5メートル近くもある巨大な綱をよじ登り、1年間の無病息災、祈願成就を祈ります。男たちの姿は圧巻!

 

 

【INFOMATION】

福島県柳津町柳津寺家町甲176

会津柳津駅より徒歩約10分

開催時期:毎年1月7日

 

 

 

大きなわらじにびっくり「信夫三山暁まいり(しのぶさんざんあかつきまいり)」(福島市)

 

福島市のシンボル的存在である信夫山に鎮座する羽黒神社のお祭りで、日本一の大わらじを100人もの人で担ぎ、町を練り歩きます。江戸時代から400年以上続く伝統行事です。

 

 

【INFOMATION】

福島県福島市御山 羽黒神社

福島駅よりバスで約10分

開催時期:旧正月14日にあたる毎年2月10日から11日

 

 

 

日本一早い山開き「鹿狼山元旦登山」(新地町)

鹿狼山

 

すでに40回も開催されている、新年の一大イベントです。早朝5時30分から登山口でセレモニーが行われ、商工会により豚汁やコーヒーがふるまわれ、登山はスタートします。打ち上げ花火とともに3000人もの人々が山を登っていき、初日の出を迎えます。日本一早く、にぎやかな山開きです。

 

 

【INFOMATION】

福島県新地町杉目字飯樋

新地駅より車で約10分

開催時期:毎年1月1日

 

 

 

雪化粧の銀世界に映える神秘の湖沼「五色沼スノーシューウォーク」(北塩原村)

写真はイメージです。

裏磐梯の絶景スポットとして人気の五色沼湖沼群。真冬の純白の森の中で見る五色沼は神秘そのものです。野鳥や野生動物に出会えるかもしれません!冬ならではの五色沼の景色も必見です。

 

 

【INFOMATION】

福島県耶麻郡北塩原村

猪苗代駅よりバスで約30分

開催時期:12月中旬~4月上旬(積雪状況によって変動)

 

 

 

会津のどんど焼き「三島のサイノカミ」(三島町)

 

会津伝統の火祭りで、一年の五穀豊穣、無病息災を願って開催されます。国指定重要無形民俗文化財であるサイノカミを後世に伝える重要な行事です。

 

 

【INFOMATION】

福島県大沼郡三島町町内各地区

会津宮下駅下車

開催時期: 毎年1月15日

 

 

 

南会津で一度は見てみたい冬のイベント「大内宿雪まつり」(下郷町)

 

かつては宿場として栄えた大内宿は、現在は重要伝統的建造物群保存地区として貴重な歴史的建造物を残し、県内屈指の観光名所として年間を通して国内外から多くの人が訪れます。どの季節でもその雰囲気、街並みは江戸時代にタイムスリップしたような感覚を味わえるのですが、冬の雪景色に浮かぶ街並みは感動ものです。冬になると、県内各地で雪まつりが開催されていますが、グルメあり、花火ありの大内宿の雪まつりは一見の価値ありです!

 

 

【INFOMATION】

福島県下郷町大字大内字山本 大内宿

湯野上温泉駅より車で約20分

 

 

寒いイメージの福島の冬、なんだか楽しそうじゃないですか?

 

 

写真提供:福島県観光情報サイト「ふくしまの旅」

https://www.tif.ne.jp/index.php