太平洋に面した福島県浜通りと言えば、まず思い浮かべるのは海かもしれません。海と言えば、夏をイメージしてしまいがちですが、実は浜通りには一年中楽しめるエンターテインメントスポットや、沿岸の絶景スポットが点在しています。絶景スポットが多いだけに、秋には素晴らしい紅葉を楽しめるところも盛りだくさん。美味しいグルメを堪能しながら紅葉狩りに訪れてみませんか?

 

 

福島県へのアクセスはこちらです。

 

 

 

豪快ながら美しい渓谷美「高瀬川渓谷」(浪江町、葛尾村)

 

奇岩がごろごろとし、手付かずの自然の美しさがそのまま残されている高瀬川渓谷は、天然アユののぼる川百名川にも選ばれるほどの清流が流れています。四季折々の美しい自然を楽しめるトレッキングスポットとしても人気があり、特に紅葉に時期には多くの人々が訪れます。

 

 

[INFORMATION]

福島県双葉郡浪江町/葛尾村

浪江駅より車で約30分

 

 

 

水がとても清らかな「千翁(せんのう)川」(川内村)

 

千翁川の水はとても清らかで、ふくしまの水30選にも選ばれています。上流に民家がないこともあり、雨が降ってもきれいな水が流れると言われるほど。清らかな清流と、紅葉のコラボレーションを楽しむことができます。釣りスポットとしても人気で、秋には紅葉の中で釣りを楽しむことができます。

 

 

[INFORMATION]

福島県双葉郡川内村大字上川内字大根森地内

夜の森駅よりバスで約50分

 

 

 

紅葉と風情ある真紅の橋が映える「馬陵(ばりょう)公園」(相馬市)

 

相馬利胤が築いた中村城の跡地を整備した公園で、敷地内には、当時の様子を偲ばせる赤橋と呼ばれる真紅の橋や石垣が残っています。桜の名所として有名な公園ですが、歴史の足跡と紅葉のコラボレーションも見事。風情ある景色を楽しめます。

 

 

[INFORMATION]

福島県相馬市中村字北町地内

相馬駅よりバスで約10分

 

 

 

色づく山を登って楽しむ「鹿狼(かろう)山」(新地町)

 

宮城県との県境、阿武隈山地の北端にある鹿狼山は、東北百名山にも選ばれている山で、年間を通して多くの登山客が訪れます。その人気の秘密は、標高430メートルという気軽に誰でも楽しめるコースと、四季折々の自然風景。特に紅葉の季節は人気です。程よい難度のコースなので、トレッキングを楽しみながら紅葉を見ることができます。

 

 

[INFORMATION]

福島県相馬郡新地町杉目飯樋

新地駅より徒歩約1時間

常磐自動車道新地ICから車で約5分

ふくしまの旅「鹿狼山」

 

 

 

伝統ある由緒正しい神社で紅葉を愛でる「相馬太田神社」(相馬市)

 

国指定重要無形民俗文化財である相馬野馬追を合同で行う相馬三社の一つです。伝統ある神社の厳かな雰囲気と紅葉の風情ある風景を楽しむことができます。

 

 

[INFORMATION]

福島県南相馬市中太田字舘腰143

原ノ町駅より車で約10分

 

 

 

ユニークな渓谷美と楽しむ紅葉「夏井川渓谷」(いわき市)

 

奇岩や滝など、ユニークな地形と清流の織りなす渓谷美を楽しめる夏井川渓谷。その風景を存分に楽しめる沢登りコースとして、とても人気のある名所です。特に人気なのが紅葉の季節。変化に富んだ渓谷を紅葉が彩る景色は県内屈指かつ必見です。

 

 

[INFORMATION]

福島県いわき市川前町

江田駅より徒歩約20分

ふくしまの旅「夏井川渓谷の紅葉」

 

 

 

自然がつくり上げた芸術「背戸峨廊(せとがろう)」(いわき市)

 

著名な詩人である草野心平によって命名された背戸峨廊。「背戸」は隠れたところ、「峨廊」は岩壁がそそり立つさまを表現しています。その名の通り、奇岩とそびえたつ岩壁、個性的な数々の滝が織りなす風景は、まるで芸術そのもの。紅葉の季節になると、この起伏の激しい躍動感のある背戸峨廊があざやかに色づきます。

 

 

[INFORMATION]

福島県いわき市小川

江田駅より徒歩約5分

ふくしまの旅「背戸峨廊」

 

 

 

ライトアップされて幻想的な雰囲気に「白水阿弥陀堂(しらみずあみだどう)」(いわき市)

 

県内唯一の国宝建造物である願成寺白水阿弥陀堂は、秋になると紅葉を見に多くの人々が訪れます。その人気の秘密は、住職と地元の有志の人々による貴重な史跡であるこの国宝建造物と紅葉のライトアップ。国宝でありながら、地元の人々にとっては憩いの場ともなっており、身近にありがたみを感じられる癒しスポットでもあります。

 

 

[INFORMATION]

福島県いわき市内郷白水町広畑219

いわき駅よりバスで約20分

ふくしまの旅「国宝白水阿弥陀堂」

 

 

 

真っ赤に染まる巨木がフォトジェニック「中釜戸のシダレモミジ」(いわき市)

 

いわき市渡辺町の観音堂境内には、中釜戸のシダレモミジと呼ばれる不思議な巨木があります。これは、イロハカエデが突然変異した珍しい木で、天然記念物にも指定されています。樹高6.8m、幹周り3.5m、傘の広がりは東西約10mにもなる、インパクト大な巨木!11月下旬頃になると、このシダレモミジが真っ赤に色づき、人々を魅了し続けています。

 

 

[INFORMATION]

福島県いわき市渡辺町中釜戸表前

泉駅より車で約15分

ふくしまの旅「中釜戸のシダレモミジ」

 

 

 

東北最後の紅葉「龍神峡」(いわき市)

 

山の間をうねるように流れている様が、まるで巨大な龍の姿に見えることからその名がつけられた龍神峡。いわき市自慢の景勝地であり、東北で最後に紅葉の季節が訪れることで有名な名スポットです。力強く流れる鮫川の急流の水の音、しぶきが、ダイナミックな紅葉の風景を演出します。

 

 

[INFORMATION]

福島県いわき市遠野町滝

常磐自動車道いわき湯本ICより約30分

ふくしまの旅「龍神峡」

 

 

 

福島県浜通りエリアの秋の魅力、伝わりましたでしょうか?ぜひ一度訪れてみてください!

 

 

写真提供「ふくしまの旅」:https://www.tif.ne.jp/index.php