カニ、イクラ、ウニ、ほっけなどの新鮮魚介、ジンギスカン、豚丼、十勝牛などの肉料理、小豆にケーキなどのスイーツ、スープカレーにラーメンなどのご当地グルメなど、食材の宝庫の北海道。定番からB級グルメまで、溢れかえる食材の宝庫から選びだした編集部おすすめ飯を厳選してピックアップしました。

 

 

北海道へのアクセスはこちら。

 

 

朝からお腹いっぱい食べられる!「海鮮丼」(函館市)

 

おいしい魚介類が集まる函館市で食べたいのは、やはり海鮮丼です。新鮮な海の幸をたっぷりのせた海鮮丼を市内のさまざまな飲食店で楽しむことができます。

 

 

函館市公式観光情報 はこぶら「函館に来たら、やっぱり朝市の海鮮丼!」

https://www.hakobura.jp/delicious/post-130.html

 

 

 

北海道の3大ラーメンのひとつ「塩ラーメン」(函館市)

 

北海道は、札幌のみそ、旭川のしょうゆ、函館の塩ラーメンを相称して、北海道の3大ラーメンといわれています。函館市の塩ラーメンは、手間ひまをかけて作られる透き通ったスープが特徴で、あっさりとしていますがしっかり旨味を感じられます。ストレートの細麺との相性も抜群です。

 

 

函館市公式観光情報 はこぶら「昔ながらのすっきり味、函館の塩ラーメン」

https://www.hakobura.jp/delicious/post-176.html

 

 

 

大雪山系の清水が豊富に注ぐコメどころ「東川米」(東川町)

 

おいしい水で育まれた食べ物はどれもおいしいのですが、特に味わっておきたいのはお米料理です。おにぎりにお寿司、ランチなどは、一見素朴なようでとても味わい深いものとなっています。大自然にたたずむおしゃれなお店のつくりも、訪れる人を喜ばせます。

 

 

JA東川「東川米」

http://www.ja-higashikawa.or.jp/rice.html

 

 

 

ピリ辛でも胡麻のコクが残る「閻魔焼きそば」(登別市)

 

 

観光名所である地獄谷から、その番人である閻魔の名前をとった焼きそばです。麺は北海道産の小麦を使用し、具材は登別やその周辺で取れたものを使う、ごま風味のピリ辛タレを使うことが条件で、市内の飲食店で提供されています。

 

 

登別ブランド推奨品「閻魔焼きそば」

https://www.noboribetsubrand.jp/enmayakisobainfo/

 

 

 

帯広の名物グルメ「豚丼」(帯広市)

 

日本の各地に牛丼屋がありますが、牛肉ではなく豚肉をのせた豚丼も、人気がある丼料理です。豚丼が生まれたのは帯広市。厚みのある豚肉を甘辛いタレで味付けした豚丼は、帯広市では家庭料理としても愛されています。器からはみ出るほどおおきな豚肉を、ぜひ味わってみてください。

 

 

 

食べ歩きが楽しい!「スイーツ」(帯広市)

 

小麦や乳製品、小豆など、お菓子作りに欠かせない農作物が一通り揃う帯広市では、さまざまなお菓子を楽しむことができます。北海道のお土産として知られる「マルセイバターサンド」は、この帯広市で作られています。ケーキ、ドーナツなどの洋菓子もおいしいのですが、一番のおすすめはソフトクリーム。帯広を含む十勝地方のおいしい牛乳で作られたソフトクリームは、現地で食べてこそ本当のおいしさを感じることができます。

 

 

 

冬の定番お鍋「石狩鍋」(石狩市)

 

鮭の身やアラ(骨や頭部など、あまり食べられない部分のこと。だしを取るのに使うことが多い。)とともに、豆腐や野菜などをみそをベースにしたスープで煮込んだ鍋料理です。鮭が戻ってくる石狩市で誕生した料理で、今では北海道を代表する料理の一つとなっています。

 

 

石狩観光協会「石狩鍋」

http://www.ishikari-kankou.net/contents/ishikari_nabe/

 

 

 

日本最北の手延べ麺「手延べうどん」(下川町)

 

小麦粉に食塩と水を加えてよく練り、植物油を加えて引き伸ばし熟成させる作業を何度も繰り返した後、乾燥させた麺を手延べ麺といいます。弾力がありまろやかな口当たりに仕上がる手延べうどんは、日本の各地で作られていますが、寒暖差が大きい下川町では、質のいい麺が仕上がるとして人気があります。

 

 

しもかわ観光協会「うどん祭り」

http://www.shimokawa-time.net/event/udon/

 

 

 

皿からはみ出そうなほどのボリューム感に釘付け「スパカツ」(釧路市)

 

鉄板にのったミートソースのパスタ(日本ではスパゲッティとも言う)の上に、とんかつをのせた料理です。ボリュームたっぷりで、今では北海道中で食べることができる釧路市の名物グルメです。

 

 

釧路・阿寒湖公式サイト SUPER FANTASTIC「スパカツ」

http://ja.kushiro-lakeakan.com/eat_souvenir/eat_souvenir_category/gourmet/spakatsu/

 

 

 

スパイスがあとを引く「スープカレー」(札幌市)

 

日本の一般的なカレーライスは、ご飯にとろみのあるカレールーをかける料理です。スープカレーはスパイスが効いたスープに大きな具材を入れた料理です。スパイシーな香りが食欲をそそる、札幌の定番グルメです。

 

 

ようこそSAPPRO「スープカレー」

http://www.sapporo.travel/find/foods/soupcarry/

 

 

 

 

みそラーメン発祥の地で食べる「札幌ラーメン」(札幌市)

 

札幌にきたらラーメンを食べないわけにはいきません。麺は粘りの強い縮れ麺を使うのが一般的。スープは味噌味が多く、寒い札幌でも冷めないよう、ラードを浮かべているのが特徴です。

 

 

ようこそSAPPRO「札幌ラーメン」

http://www.sapporo.travel/find/foods/ramen/

 

 

しっかり計画をたてて、より多くのグルメが食べられるようにしましょう!