宮城県と言えば、牛タンに三陸産の新鮮な海産物、お米や野菜など、とにかくおいしいものがたくさん! 海の幸にも山の幸にも恵まれた、とても豊かな場所なのです。牛タンや三陸のカキなど、有名ですね。まずは新鮮な海の幸を使ったいちおしグルメをピックアップしました。

 

 

宮城県への詳しいアクセスはこちら。

 

 

 

新鮮な魚介類をおいしいお米と味わう!「寿司」

 

太平洋に面した宮城県には、新鮮な海の幸がいっぱい!ネタの種類も豊富で、三陸で獲れる魚介類はクオリティも最高なんです。そんな宮城県で新鮮な海の幸を楽しむのなら、やっぱりお寿司!いろいろな種類を楽しめるだけでなく、宮城県産のおいしいお米と一緒ならさらに幸せです!

 

 

 

三陸と言えば!「牡蠣」

 

広島県と並ぶ牡蠣の名産地である三陸は、生食用の牡蠣の生産量では全国1位を占めます。三陸は外洋に向かって海が開けているため、海水がとてもきれいなので生食に向いている牡蠣が育つのです。味も小ぶりながら濃厚なのが特徴。三陸に行ったら牡蠣を食べないのはもったいない!

 

 

 

見た目はパイナップル⁉ 三陸ならではの味!「ほや」

 

三陸沿岸ならではのグルメと言えば、ほや。磯の香りいっぱいで、ほんのり感じる甘みがクセになります。お刺身はもちろん、酢の物やフライ、塩から、干物など、さまざまな調理法で楽しめる宮城県自慢の海の幸のひとつです。

 

 

 

北海道にも負けないおいしさ「ホタテ」

 

栄養価の高い三陸の海では、肉厚で甘みの強いホタテが育ちます。北海道にも負けないホタテを宮城県でもぜひ味わってみてください。お寿司やお刺身はもちろん、浜焼きなども新鮮なホタテそのものの味を楽しめるのでおすすめですよ。

 

 

 

生産量日本一の「わかめ」

 

牡蠣やホヤと並ぶ三陸名物と言えば、わかめ。生産量が日本一であるだけが自慢ではありません。肉厚で歯ごたえがあってお刺身で食べるのがおすすめ!これを食べたら他のわかめは食べられなくなるかも!?わかめ以外にも、アカモクや昆布、海苔などの海藻類も広く食べられており、乾物などはお土産にも喜ばれます。

 

 

 

メバチマグロの水揚げ量が日本一「まぐろ」

 

初夏になると、三陸沖にまぐろの群れが姿を現すようになります。実は、宮城県はまぐろの水揚げ量の多い場所として知られており、特に塩竃はさまざまな種類のまぐろがたくさん水揚げされる場所として知られています。新鮮なまぐろを味わえるのも三陸ならでは!

 

 

 

石巻自慢のブランド魚「金華さば」

 

全国的にも有数の水揚げ量を誇る石巻港で、その40%を締めるのがサバ。特に、秋から冬にかけて獲れる金華さばは脂もたっぷり乗って絶品です。そのままお刺身でも、酢で締めても、焼いても煮ても最高です。

 

 

 

伝統的な日本の食文化「クジラ料理」

 

宮城県の、特に牡鹿町鮎川は古くから捕鯨が盛んでした。そのため、県内にはくじら料理を専門に提供する老舗も多く、県民に広く親しまれています。高タンパクでヘルシーなくじら肉はクセもなく、ベーコン以外にもフライや煮込み、焼いてもおいしく、他のお肉同様幅広く楽しめるのも魅力です。

 

 

 

冬にどんこ汁は欠かせない!「どんこ」

 

どんことは、三陸沿岸部で広く食べられているイソハマアイナメという魚のことで、10月中旬から2月下旬が旬の、地元の人々にとっては冬の味覚の代表的存在です。中でもどんこを丸ごと大根や豆腐、ねぎなどと一緒に味噌で煮たどんこ汁は、三陸の人々にとって欠かせない冬のグルメです。

 

宮城まるごと探訪「冬の味 どんこ汁」

 

 

地元のおいしい食材をとことん楽しむ「仙台づけ丼」

 

仙台寿司業組合が仙台観光コンベンション協会と協力し、牛タンに次ぐ仙台の新名物を生み出すべく開発されたご当地どんぶりです。地場産の魚を使うこと、宮城県産米のすし飯を使うこと、料金を明示すること、お店のオリジナリティを出すこと、そして、づけ丼を真の仙台名物となるように仙台名物となるように日々精進することが提供店にルールとして課されています。お店ごとに工夫を凝らした自慢のづけ丼からお気に入りを見つけてみてください。

 

[INFORMATION]

新幹線で東京駅から仙台駅まで約1時間30分

宮城まるごと探訪「仙台づけ丼」

 

 

 

自慢のご当地バーガー「松島名物カキバーガー」

 

松島産の牡蠣を、ベシャメルソースで混ぜたカキクリームコロッケを挟んだ、贅沢なご当地バーガーです。バンズにもこだわり、宮城県登米産ササニシキの米粉を使っています。日本全国探しても、カキバーガーはなかなか見つからないかも!松島さかな市場で食べることができますよ。

 

[INFORMATION]

宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂4-10

松島海岸駅より徒歩約10分

宮城まるごと探訪「松島の名物 カキ料理」

 

 

 

南三陸自慢の「南三陸キラキラうに丼」&「南三陸キラキラいくら丼」

 

 

震災前に町おこしの一環として始まった南三陸キラキラ丼。南三陸キラキラうに丼は山盛りのうにが乗った贅沢などんぶり。5月から8月いっぱい食べられます。11月から2月には、新鮮で極上な三陸のいくら丼が味わえます。どちらも贅沢などんぶりをリーズナブルな価格で食べられるため有名になりました。

 

[INFORMATION]

仙台駅より車で約1時間30分。

南三陸町観光協会「南三陸キラキラうに丼」

南三陸町観光協会「南三陸キラキラいくら丼」

 

 

 

海の幸をとことん堪能するなら気仙沼に行こう!

 

 

気仙沼へのアクセス

仙台駅前から気仙沼駅前まで高速バスで約3時間。または、新幹線で仙台駅から一ノ関駅まで約30分、一ノ関駅前から気仙沼駅前まで約1時間15分。

 

 

 

気仙沼のシンボル!「気仙沼さんま」

 

秋の味覚を象徴するさんまは、気仙沼のシンボルともいえる存在。毎年気仙沼に大量に水揚げされるさんまは、とても新鮮なので、刺身やたたきにして食べることができます。もちろん、脂ののった極上のさんまは塩焼きにしても最高です。毎年秋にはサンマまつりも開催されています。

 

宮城まるごと探訪「郷土の味 サンマ」

 

 

 

実は栄養価も高く、ヘルシーでおいしい「サメ肉」

 

宮城県気仙沼では、フカヒレ以外にもサメ肉を使ったお料理を食べることができます。その歴史は古く、400年以上前から続く魚肉加工品の老舗の名物であるはんぺんにもアオザメやヨシキリザメが使われています。中でも、ヨシキリザメのトロ肉は絶品!鮮度が高くないと食べることができないので、気仙沼を訪れたら絶対に食べたいグルメです。

 

 

 

生産日本一!「フカヒレ」

 

気仙沼は、日本最大のフカヒレの生産地として知られています。それだけに、高級食材であるフカヒレをリーズナブルに食べることができるのです。フカヒレというと、中華料理のイメージが強いですが、気仙沼では、フカヒレのお寿司や、ラーメンなど、ちょっと変わったフカヒレ料理も楽しめますよ!

 

気仙沼さ来てけらいん「フカヒレ生産日本一 サメのまち気仙沼コース」

 

 

 

昔から親しまれてきた特別な魚「メカジキ」

 

メカジキも、気仙沼で良く獲れる魚で、昔から地元の人にとっては身近で特別な魚です。寒くなるほど風味が増し、特に10月から3月に獲れるメカジキは、脂のりも穏やかであっさりとして最高だと言われています。気仙沼では、お刺身でも食べられます。

 

 

 

一度食べるとやみつきに!?「マンボウ料理」

 

マンボウなんて食べられるの!? なんて思うかもしれません。しかし、マンボウは気仙沼で食べられるおいしい魚の一つで、江戸時代から食べられているとも言われています。一度食べるとやみつきになると言われるほどおいしく、お刺身やお寿司はもちろん、酢味噌和えなどが人気です。ぜひ一度試してみてください。

 

宮城まるごと探訪「マンボウ」

 

 

 

震災をはねのけ、元気に頑張る亘理町で味わいつくす!

 

 

亘理町へのアクセス

JR常磐線で仙台駅から亘理駅まで約35分。

 

 

 

発祥の地、亘理(わたり)の秋の味覚「はらこ飯」

 

宮城県沿岸南部にある亘理町荒浜地区は、はらこ飯発祥の地として知られています。サケの風味のきいた炊き込みご飯にサケの切り身とはらこ(いくら)をのせたはらこ飯は、まさに秋に食べたいぜいたくな一品。

 

亘理町公式HP「元祖亘理のはらこめし」

 

 

 

冬から春にかけて絶対に食べたい「ほっき飯」

 

はらこ飯が名物として知られる亘理ですが、冬から春の味覚としてはほっき飯が全国的に有名です。お店によって味付けはそれぞれ工夫が凝らされていますが、肉厚のほっき貝を醤油でやわらかく煮込み、ほっき貝のうまみを吸い込んだ炊き込みご飯にのせて食べるのが一般的です。

 

宮城まるごと探訪「ほっきめし」

 

 

 

初夏の亘理は「しゃこ飯」

 

亘理の初夏はしゃこのシーズンです。刺身や珍しい子持ちしゃこなども絶品ですが、やはり外せないのはしゃこ飯。こんなにぜいたくにしゃこを食べることができるのは、まさに亘理ならではです。

 

 

宮城まるごと探訪「しゃこめし」

 

 

 

亘理の夏はあさり!「あさり飯」

 

5月中旬から8月上旬の亘理はあさりの季節。荒浜沖で獲れたプリプリのあさりをたっぷり入れて、ご飯を炊き込みます。風味豊かで箸が止まらぬうまみは、まさに夏の風物詩。炊き込みご飯と一緒に蒸し上げるせいろめしなどもありますよ。

 

 

 

宮城県の沿岸部を訪れたなら絶対に食べたい海鮮料理。はらぺこにして味わい尽くしたいですね。