福島県の喜多方ラーメンは、札幌、博多と並んで日本三大ラーメンにも数えられているほど知名度の高いラーメンです。実は、福島県はラーメン激戦区でオリジナリティあふれる、こだわりのご当地ラーメンがたくさんあります。お店ごとにアイデアと工夫を凝らして日々新しいラーメンをどんどん生み出している、国内でも最も勢いのあるラーメンスポットです。

 

 

 

やっぱり定番、飽きの来ない「喜多方ラーメン」(喜多方市)

 

札幌ラーメン、博多ラーメンと並び、日本三大ラーメンの一つとして、全国的に有名な喜多方ラーメン。そのルーツは昭和2年。源来軒の店主が中華麺に近い支那そばを打ち、屋台を引いたことが始まりとされています。以来市内に広まり、多くの店舗で提供されるようになりました。札幌ラーメンや博多ラーメンに比べると、喜多方ラーメンはごくシンプルな醤油ラーメンです。基本的には豚骨とにぼしでとった透き通ったスープに、平打ち熟成多加水麺を使用します。具材もチャーシュー、ネギ、メンマといった普通の中華そばですが、シンプルなだけに飽きのこない深い味わいが人気です。2006年には、人口に対するラーメン店の数が日本一にもなったほどのラーメンの街です。

 

 

[喜多方市へのアクセス]

新幹線で東京駅から郡山駅まで約1時間40分。バスで郡山駅から若松駅前まで約1時間。JR磐越西線で会津若松駅より喜多方駅まで約15分。

ふくしまの旅「喜多方ラーメン」

 

 

 

さわやかな味わいが人気「南会津トマトラーメン」(南会津町)

 

福島県はトマトの名産地としても有名で、南会津では特産である南郷トマトを使った珍しいトマトラーメンを食べることができます。ただラーメンにフレッシュなトマトが乗っているだけではありません。味噌ベースのピリ辛スープには完熟トマト果汁を効かせ、コクがありながらもさわやかな味わいがクセになる一品です。味噌とトマトのやさしさが食べやすく、女性や子供にも人気です。

 

 

[南会津町(会津田島駅)へのアクセス]

新幹線で東京駅から郡山駅まで約1時間25分。磐越西線で郡山駅から会津若松駅まで約1時間5分。会津鉄道会津線で会津若松駅より会津田島駅まで約1時間5分。

おいでよ!南会津。「南会津トマトラーメン」

 

 

 

蕎麦だけじゃない、蕎麦処で生まれた「白河ラーメン」(白河市)

 

蕎麦処としても知られている白河市にあるとら食堂で生まれたラーメンが評判となり、市内から弟子入りを志願する人が増えたことから広まったご当地ラーメンです。豚骨や鶏ガラをベースにした澄んだ醤油ベースのスープに、幅の広いちぢれ麺が特徴です。具材はネギ、チャーシュー、ナルト、ほうれんそうなど、一般的なラーメンと同じシンプルなものが多いですが、近年では、炭火焼きのチャーシューを乗せるなど、お店によってさまざまな味わいを楽しむことができます。今では喜多方市に追いつく勢いで人気上昇中のご当地ラーメンです。

 

 

[白河市へのアクセス]

新幹線で東京駅より新白河駅まで約1時間25分。JR東北本線で新白河駅より白河駅まで約3分。

白河観光物産協会ホームページ 行って!みっぺ!!白河「白河ラーメン」

 

 

 

個性豊かなラーメン激戦区「郡山ラーメン」(郡山市)

 

姉妹都市である福岡県の久留米市が豚骨ラーメン発祥の地とされていることから、郡山では豚骨ベースであることが特徴とされています。しかし、喜多方ラーメンや白河ラーメンに比べると、ラーメン激戦区なだけに、お店それぞれにさまざまな工夫、個性が生かされ、全く違った味わいを楽しむことができます。喜多方ラーメンや白河ラーメンが薄い透き通った醤油スープであるのに対し、郡山ラーメンは醤油の色が濃いスープが特徴で、郡山ブラックとも呼ばれています。ラーメン激戦区なだけに、各店舗は工夫を凝らしてオリジナリティあふれるラーメンを提供しています。常に進化し続けているるご当地ラーメンです。

 

 

[郡山市へのアクセス]

新幹線で東京駅から郡山駅まで約1時間40分。

郡山へ行こう!郡山「郡山ブラック」

 

 

 

野菜のやさしいうまみが最高!「西会津町味噌ラーメン」(西会津町)

 

普通、味噌ラーメンの多くは、強い火力でサッと炒めた野菜がたっぷり乗っているものが多いのですが、西会津の味噌ラーメンの最大の特徴は野菜をスープで煮込むところにあります。そのため、スープに野菜のうまみが溶け出し、程よい甘みを感じられるやさしい味噌スープになるのです。通常はひき肉を使いますが、お店によってチャーシューを乗せたり、ネギをたっぷり入れたり、お好みでさまざまな楽しみ方ができます。お店ごとにこだわりのある、濃厚な味噌の風味と野菜のうまみがクセになる一杯です。

 

 

[西会津町へのアクセス]

新幹線で東京駅から郡山駅まで約1時間40分。バスで郡山駅から若松駅前まで約1時間。JR磐越西線で会津若松駅より野沢駅まで約50分。

ふくしまの旅「会津野沢宿(あいづのざわじゅく)味噌ラーメン」

 

 

 

温泉から作られる甘みのあるまろやかな塩を使った「会津山塩ラーメン」(会津地方)

※写真はイメージです。

 

会津磐梯山の恵みである温泉水を焚いて作るミネラルたっぷりの山塩を使ったラーメンです。鶏ガラと節、野菜のうまみと甘みのある塩ベースのスープに、中太平打ち麺がよく絡みます。あっさりとした味わいの中に、日本で最も高級だとも言われるまろやかでうまみのある会津山塩の風味が生きており、深みのある味わいが人気の一杯です。市内には多く会津山塩ラーメンを提供する飲食店がありますが、専門店もあり、会津を訪れたら食べるべきラーメンの一つですよ。

 

 

[会津若松市へのアクセス]

新幹線で東京駅から郡山駅まで約1時間40分。バスで郡山駅から若松駅前まで約1時間。

ふくしまの旅「磐梯山サービスエリアの山塩ラーメン」

 

 

 

飯坂温泉自慢のご当地ラーメン「飯坂ラーメン」(飯坂温泉)

 

 

1996年、飯坂温泉の製麺工場がお土産用に開発したことをきっかけに、地元ラーメン店と協力して生まれた飯坂温泉の名物ラーメンです。今では市内に多くのラーメン店があり、店舗によってそれぞれの個性的な工夫が感じられ、違った味わいを楽しむことができます。麺は舌ざわりの良いツルっとした細切り平打ちストレート麺なのですが、他のご当地ラーメンと大きく違うのが、麺に豚骨エキスが練りこまれていること。スープの中に麺のうまみが染み出し、ひとくちひとくち食べるごとに、あっさりした醤油スープにコクが生まれていきます。

 

 

[飯坂温泉へのアクセス]

新幹線で東京駅より福島駅まで約1時間40分。福島交通飯坂線で福島駅より飯坂温泉駅まで約25分。

ふくしまの旅「飯坂ラーメン」

 

 

 

喜多方の新名物「喜多方ラーメンバーガー」(喜多方市)

 

日本三大ラーメンの一つである喜多方ラーメンの人気はとどまるところを知らず、ついにはご当地バーガーに生まれ変わりました。喜多方ラーメンバーガーは、道の駅喜多の郷の料理長である長谷川義紀とスタッフによって考案された喜多方の新名物。バンズのように焼き固められた喜多方ラーメンの麺に、豚の角煮や地鶏、メンマやナルトなどのラーメンならではの具材が挟まれています。醤油風味のラーメンスープにとろみをつけたソースが、喜多方ラーメンのおいしさをバーガーで再現した不思議なご当地グルメです。麺は喜多方産の小麦、スープは会津地鶏のガラで取るなど、B級グルメながら本格的な素材へのこだわりも感じられる一品です。

 

 

[喜多方市へのアクセス]

新幹線で東京駅から郡山駅まで約1時間40分。バスで郡山駅から若松駅前まで約1時間。JR磐越西線で会津若松駅より喜多方駅まで約15分。

道の駅 喜多の郷「喜多方ラーメンバーガー」

 

 

 

ついにはピザにまで!「ラーメンピザ」(喜多方市)

 

直径20センチほどもある大きな生地にはチーズがとろけ、一見普通のピザにしか見えないボリューミーなB級グルメ。これもまた喜多方ラーメンのスピンオフグルメなのです。麺を固めて焼いた生地は、香ばしく独特な歯ごたえがクセになります。もちろん味付けは喜多方ラーメンの醤油スープ。具材もチャーシュー、メンマ、ナルトと定番のトッピング。意外にもチーズとマッチし、ブラックペッパーが良いアクセントとなっている人気メニューです。喜多方ラーメンから派生したグルメとしては、バーガーやピザの他にも、ラーメンスープで炊いたお米を使ったラーメン丼や、ラーメンのメンチカツであるラーメンチなど、アイデアメニューが続々登場しています。

 

 

[喜多方市へのアクセス]

新幹線で東京駅から郡山駅まで約1時間40分。バスで郡山駅から若松駅前まで約1時間。JR磐越西線で会津若松駅より喜多方駅まで約15分。

道の駅 喜多の郷「ラーメンピザ」

 

 

 

街をにぎやかにした町おこしの神さま?「喜多方ラーメン神社」(喜多方市)

 

ラーメンの街ならではの観光スポットとして生まれた喜多方ラーメンミュージアムには、なんと、ラーメンどんぶりをご神体とする喜多方ラーメン神社があります。このどんぶりも、ただのどんぶりではありません。喜多方ラーメンが生まれた源来軒の器なのです。ミュージアム内では、喜多方ラーメンの起源や特徴を知ることができるほか、麺やスープのおいしさの秘密が展示されています。喜多方市内全域のラーメン店を紹介するパネルコーナーで、気になるお店をさがすこともできますよ。喜多方ラーメン神社は、意外にも麺結びで縁結びがご利益なのだとか。目印はお箸と縄で表現された麺でできた鳥居という、遊びごころいっぱいの神社に立ち寄ってみてはいかがでしょう?

 

 

[喜多方ラーメン神社へのアクセス]

福島県喜多方市2丁目4662

喜多方駅より徒歩約10分

ふくしまの旅「ラーメン神社」

 

 

 

全国でも珍しい、県の至るところにラーメン激戦区がある福島県。個性豊かな福島県のラーメンを食べ比べてみませんか?

 

 

写真提供:福島県観光情報「ふくしまの旅」

https://www.tif.ne.jp/index.php