自然豊かな広大な土地を持つ岩手県。見どころも多く、登山やキャンプなどのアウトドアアクティビティーあり、温泉ありの観光地として人気があります。さらにグルメの宝庫でもあり、中でも注目したいのが岩手沿岸部。東日本大震災で多大なる被害を受けながらも立ち上がり、日々奮闘中の沿岸地区から、新鮮な魚介類をはじめ、ここでしか食べられないご当地グルメを厳選して紹介します。

 

 

 

岩手県へのアクセスはこちら。

 

 

 

三陸の浜の母の味「どんこ鍋」

 

三陸の冬のごちそうと言えば、どんこ鍋。どんこ汁とも呼ばれて古くから家庭で親しまれている母の味です。どんことは、エゾイソアイナメと呼ばれる魚で、東北地方では広く食べられているおいしいお魚。煮込まれてホロホロになった身と、濃厚な肝を味噌仕立てで仕上げた鍋料理で、あんこう鍋よりもおいしいと言う人も多くいるほどの、冬を代表する郷土料理です。冬に岩手県沿岸部を訪れたら、熱々のどんこ鍋を食べないとソンですよ!

 

 

 

英語では海のパイナップル!「ほや」

 

磯の香りの強い貝のようで貝ではないほや。まさに三陸ならではの珍味として知られています。旬は5月から8月で、三陸に夏を告げる風物詩のような存在です。その強い香りと独特な味わいが苦手という人もいる反面、一度食べたらとりこになってしまうような不思議な味わいは食通をうならせるほど。新鮮なほやはお刺身はもちろん、塩辛にしたり、三杯酢で和えたり、お酒のおつまみにもぴったり。時には炊き込みごはんにしたり、最近ではアヒージョなどのアイデア料理も登場。おいしいだけでなく、抗酸化作用やビタミンなど、栄養豊富なのも魅力の食べ物です。

 

 

 

サンマを丸ごと味わえる「大船渡さんまら~めん」

 

 

全国でも有数のサンマの水揚げ高を誇る、三陸名物サンマを丸ごと味わえるご当地ラーメン。テレビなど、さまざまなメディアでも取り上げられた大船渡の新名物です。大船渡さんまら~めんは、提供するお店によってさまざまな工夫が凝らされています。サンマ節で取った出汁をベースにしたスープだったり、サンマが丸ごと乗っていたり、サンマのみりん干しがトッピングされていたり、その味わいもいろいろです。

 

 

 

まさに三陸恵みの味「磯ラーメン」

 

新鮮な三陸の恵みである魚介類や海藻をふんだんに使った、ぜいたくな漁師風のご当地ラーメンです。スープも昆布や鰹節などを使った和風な塩ベースで、魚介類のうまみが溶け込んだ、まさに海の恵みを感じる一杯。提供するお店によって具材はさまざまですが、イカ、エビ、ホタテなどをはじめ、わかめやフノリ、マツモと呼ばれる海藻などもトッピングされています。ウニやカニのような高級食材を扱うお店もあるようですよ。

 

 

 

ごはんはもちろんお酒のお供にも◎「ウニの瓶詰め」

 

新鮮なウニも三陸名物の一つとして知られています。ウニ好きにとっては、まさにパラダイス!中でもおすすめなのが、お土産にも買いたいウニの瓶詰。牛乳瓶のようなボトルにぎっしりと詰められた新鮮なウニが大人気。そのまま食べるのがおすすめで、炊きたてのごはんにも、お酒のおつまみにもピッタリです。

 

 

 

グルメもうなるブランド和牛「短角牛」

 

国内シェア1%ほどの希少なブランド牛で、脂肪分は少ないながら、うまみ成分がたっぷりで、食通の間でも人気のある和牛です。ぜいたくにハンバーグやすき焼きももちろん最高ですが、やはり肉そのもののうまみを楽しめる、シンプルに塩で味付けしたステーキなどがおすすめです。

 

 

 

ついつい飲みすぎちゃうおいしい地酒「雪っこ」

 

酔仙酒造の雪っこは、冬季限定のおいしい白い原酒。地元民なら知らない人がいないほどド定番のお酒。とろりと濃厚で、甘くて飲みやすいお酒で、女性にも人気ですが、アルコール度数は20%とやや高め。ついつい飲みすぎてしまうのが危険ですが、冬の岩手で味わいたい地酒の一つです。

 

 

 

地元のブドウ園で作られている「マスカットサイダー」

 

岩手県陸前高田市にあるブドウ園「神田葡萄園」で昭和45年から作られている地元で愛されるさわやかなサイダーです。かぐわしいマスカットの香りがぜいたくな気分にさせてくれます。

 

 

 

岩手県沿岸地区では知らない人はいない「エイサク飴」

 

エイサク飴のルーツは昭和6年にさかのぼります。以来、長きに渡って地元市民に愛されてきた、地元の味です。現在は、醤油、太白、黒糖の3つの味があり、小さな子供からお年寄りまでおいしく食べられるお菓子として変わらぬ製法を守り続けて丁寧に作られています。

 

 

 

かわいらしいホタテ貝の形をした和菓子「甘ホタテ」

 

甘ホタテとは、創業90年を超える老舗のお菓子屋さん、菓匠高瀬が展開するお菓子のこと。かわいらしいホタテ貝の形をした和菓子で、海の街大船渡にちなんで作られました。菓匠高瀬のロングセラー商品で、手土産にも喜ばれます。

 

 

 

まち子さんは代表のお母さんの名前「リンゴ屋まち子」

 

大船渡で初めてできたワイナリー、Three Peaks Winery(スリーピークスワイナリー)の人気商品です。ワイナリーだけでなく、リンゴ園も持つこちらのワイナリーでは、リンゴのお酒であるシードルも作っています。これが、リンゴ屋まち子のアップルシードル。今では看板商品です。

 

 

四季折々の岩手県のグルメを、味わいつくしてみませんか?

 

 

写真提供:岩手県観光ポータルサイト「いわての旅」

https://iwatetabi.jp/index.php