東北地方北部に位置する岩手県には、豊かで美しい自然が広がっています。本州で一番広大な土地の岩手には絶景、グルメ、温泉など魅力がいっぱい。長い冬が終わると、そこかしこで春の足音が聞こえ、喜びもひとしお。春の岩手観光にはお花見も欠かせません。岩手県自慢の桜の名所をピックアップしました。

 

岩手県へのアクセスはこちら

 

 

岩手随一の桜の名所「高松公園(高松の池)」(盛岡市)

 

盛岡市にある高松公園内にある高松の池は、岩手県を代表する桜の名所の一つ。池を囲うように立ち並ぶ桜は、桜の名所100選にも選ばれるほど。晴れた日には、池の水面に美しい桜と雪の残る岩手山を映し出し、絵画のような世界を見せてくれます。お花見シーズンには、盛岡市を大いに盛り上げるイベントとして、盛岡城跡公園とともに盛岡さくらまつりが毎年開催されます。

 

 

[INFORMATION]

岩手県盛岡市 高松1丁目26−1

盛岡駅よりバスで約20分

いわての旅「高松公園」

 

 

 

石垣と桜が作り出す歴史を感じさせる風景「盛岡城跡公園」(盛岡市)

 

高松の池と並ぶ、岩手県を代表する桜の名所の一つです。今では石垣が残るのみの城跡ですが、石川啄木や宮沢賢治にも愛された公園です。桜と石垣の織りなす趣のある風景は、インスタ映え間違いなし!お花見シーズンに開催される盛岡さくらまつりでは、ぼんぼりの点灯とライトアップで夜桜も楽しめます。

 

 

[INFORMATION]

岩手県盛岡市内丸1−37

盛岡駅よりバスで約10分、徒歩で約20分

いわての旅「盛岡城跡公園」

 

 

 

岩を割って咲く樹齢360年を超える名木「石割桜」(盛岡市)

 

盛岡地方裁判所の敷地内にある石割桜は、春の岩手観光には絶対に外せない観光名所です。名所と言われる所以は、ただ樹齢が長いだけでもなく、桜の美しさだけでもありません。このエドヒガンザクラは、周囲20メートル以上もある巨大な花崗岩を割って幹を伸ばしていることから、石割桜と呼ばれているのです。国の天然記念物にも指定されており、一見の価値アリですよ!

 

 

[INFORMATION]

岩手県盛岡市内丸9-1 盛岡地方裁判所敷地内

盛岡駅よりバスで約10分、徒歩で約20分

いわての旅「石割桜」

 

 

 

市の景観重要樹木の樹齢は90年「米内(よない)浄水場」(盛岡市)

 

昭和9年(1934年)に、上水道創設を記念して植えられた9本のヤエベニシダレヒガンザクラは、市の景観重要樹木として親しまれています。その樹齢は90年。現在は、盛岡市水道事業80周年記念植樹により、計33本の桜が毎年美しく咲き誇ります。普段は場内への立ち入りは禁止されていますが、お花見の時期のみ特別に一般開放されます。豪華絢爛な桜と、浄水場の赤レンガの建物とのコラボレーションもレトロで趣のある風景です。

 

 

[INFORMATION]

岩手県盛岡市上米内字中居49

上米内駅より徒歩約2分

いわての旅「米内浄水場」

 

 

 

東北有数の桜の名所「北上展勝地」(北上市)

 

北上川の河畔にある広大な公園内には、約150種類1万本もの桜があります。園内の川沿いにはおよそ2kmにも及ぶ桜並木があり、満開の時期には、異空間に迷い込んだような桜のトンネルが出来上がります。日本さくら名所100選、みちのく三大桜名所にも選ばれた北上展勝地では、毎年桜まつりも開催され、多くの花見客でにぎわいます。夜にはライトアップもされ、川面に映る桜も見ものですよ。

 

 

[INFORMATION]

岩手県北上市立花,稲瀬町

北上駅よりバスで約15分

いわての旅「北上市立公園展勝地」

 

 

 

国道をあざやかに彩る花の絨毯「遠野綾織(とおのあやおり)の芝桜」(遠野市)

 

遠野市綾織町の国道沿いに、たくさんの芝桜が植えられている場所があります。以前、国道の拡張工事の際に、コンクリートの壁だけでは殺風景だろうと、近隣の住民の方々が植えたそうです。季節になると、白、ピンク、紫などの色あざやかな芝桜の絨毯が広がり、通る人々の目を楽しませます。

 

 

[INFORMATION]

岩手県遠野市綾織町下綾織36地割

岩手二日町駅より徒歩約20分

 

 

 

春の遠野と言えば「猿ヶ石川の桜並木」(遠野市)

 

遠野市綾織の国道283号線と猿ヶ石川に挟まれた自転車専用道路沿いにある美しい桜並木です。まさに、春の遠野を代表するフォトジェニックスポット!青い空にピンクの桜並木が映えます。

 

 

[INFORMATION]

岩手県遠野市 綾織町日影橋から道の駅「遠野風の丘」の区間

綾織駅より徒歩15分

いわての旅「猿ヶ石川の桜並木」

 

 

 

標高800メートルの牧地にたたずむ「亀ヶ森の一本桜」(宮古市)

 

亀ヶ森牧場のある、標高800メートルの高台にあるオオヤマザクラは、美しい紅色の大輪の花を咲かせます。牧場のある場所は、昔から人々に信仰の対象としても親しまれ、山頂には神社があり、宮古市街をはじめ、太平洋を一望することができるビュースポットとしても知られています。

 

 

[INFORMATION]

岩手県宮古市田代亀ヶ森

宮古駅より車で約1時間

いわての旅「亀ヶ森の一本桜」

 

 

 

盛岡の石割桜よりも歴史がある「弘法桜」(雫石町)

 

雫石町の弘法桜は、盛岡の石割桜よりも古く、北東北で最も古い桜の木と言われています。毎年多くの人々が、その美しい一本桜を見に訪れます。満開の時期にはライトアップもされ、堂々とした風格あるその姿は夜桜見物にも人気があります。

 

 

[INFORMATION]

岩手県岩手郡雫石町長山24七ッ田27

雫石駅より車で約10分

いわての旅「七ツ田の弘法桜」

 

 

 

桜の名所として知られる国の史跡「九戸(くのへ)城跡」(二戸市)

 

小高い丘にある九戸城跡には、現在は石垣と濠のみが残されています。国の史跡に指定され、今では桜の名所として知られています。敷地内の約40本の桜が華やかに咲き、歴史を感じさせる風景を石垣、濠とともに作り上げます。

 

 

[INFORMATION]

岩手県二戸市福岡字城の内

二戸駅より車で約5分

いわての旅「九戸城跡」

 

 

岩手県のお花見シーズンは4月中旬からゴールデンウィーク明けくらいまで。西日本、関東でお花見をした人も、岩手でもう一度春を満喫できますよ。

 

 

写真提供:岩手県観光ポータルサイト「いわての旅」

https://iwatetabi.jp/