自然に産業に歴史。食文化も豊か。あらゆる魅力がそろった久留米市には、見どころがたくさんあります。「ほとめき」の町と呼ばれる久留米市。久留米の言葉で「おもてなし」を意味する「ほとめき」をきっと肌で感じることができるはず。豊かな自然だけでなく、寺社仏閣、美術館や資料館もあり、町全体を満喫できますよ!

 

 

福岡県久留米市へのアクセスはこちら

 

 

久留米市の伝統的町並み保存地区!「草野の町並み」

 

宿場の名残を残す、ノスタルジックな草野の町並みは、久留米市の伝統的町並み保存地区に指定されています。町一帯に、古民家や庭園、寺社仏閣が残り、古い時代に迷いこんだような気分にさせてくれる場所です。

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市草野町

JR久留米駅から筑後草野駅まで約30分

ほとめきの街 久留米「草野歴史資料館」

 

 

 

草野町と並ぶ古い町並み「寺町の町並み」

 

寺町は、かつて久留米城主だった有馬豊氏が城下町の防衛のために寺院を多く配置したエリア。多い時で22もの寺院が立ち並び、現在では17もの寺が残っています。まるで映画のセットのような、独特の雰囲気を味わえる歴史ある町並みを歩いてみてはいかがでしょう?

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市寺町

西鉄久留米駅より徒歩10分

ほとめきの街 久留米「寺町」

 

 

 

久留米の歴史を見守ってきた「発心山(ほっしんざん)」

 

標高698mの発心山には、発心城がありました。草野永平の末裔である家清が、代々の居城である竹井城が不安であることから、山頂に発心城を築いたと言われています。城跡は広大で、東西約350m、南北約300mにも及び、保存状態も良好です。春から秋には、美しい木々を見ることができ、登山にも人気のスポットです。

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市草野町草野

久留米駅から発心山登山口まで車で約1時間

ほとめきの街 久留米「発心山」

 

 

 

久留米を見渡せる「耳納スカイライン」

 

耳納スカイラインは、耳納連山の尾根を東に走りドライブやハイキングで人気のコースです。筑後平野や宝満山、有明海、さらには雲仙を望むことができ、久留米の自然を満喫することができます。特に紅葉シーズンは人気で、多くの人々が県内外から訪れます。

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市御井町~八女市星野村合瀬

久留米駅から車で約40分

ほとめきの街 久留米「耳納連山」

 

 

 

久留米市屈指の紅葉スポット「柳坂曽根の櫨並木(はぜなみき)」

 

柳坂曽根の櫨並木は、昭和39年5月に県の天然記念物に指定され、現在約200本が現存しています。ハゼの実は、西日本の特産物の一つであり、古くから栽培されています。新・日本街路樹100景にも選ばれた美しい景観が評価され、久留米市屈指の紅葉スポットとして人気があります。

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市山本町豊田

久留米駅から車で約30分

ほとめきの街 久留米「柳坂曽根の櫨並木」

 

 

 

久留米が生んだ洋画家「坂本繁二郎生家」

 

明治後期から昭和にかけて活躍した洋画家坂本繁二郎の生家です。市内唯一の現存する武家屋敷である坂本繁二郎生家は、貴重な史跡として、久留米市の有形文化財に指定されています。

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市京町224-1

久留米駅から徒歩5分

ほとめきの街 久留米「坂本繁二郎生家」

 

 

 

ここから名作が生まれた「坂本繁二郎旧アトリエ」

 

もともとは八女市にあったアトリエが、1980年に移築され、現在は久留米市石橋文化センター内にあります。通常は非公開ですが、イベント時などに公開されている、貴重な文化遺産です。

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市野中町1015(石橋文化センター内)

久留米駅よりバスで約15分

久留米市美術館「坂本繁二郎旧アトリエ」

 

 

 

高さ12メートル!「安超寺の銀杏」

 

安超寺の銀杏は、寺の創建以来約450年もの樹齢があると言われています。根回り23メートル、高さは12メートルもある大きな銀杏の木は、多くの人々を魅了する人気スポットです。特に紅葉の時期には、その黄金色の葉が一層美しく輝き、耳納連山を背景に、素晴らしい景観を作り上げます。

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市田主丸町森部719-1

田主丸駅から車で約15分

 

 

 

九州最大、ちくごの恵みの川「筑後川」

 

九州最大の川である筑後川は、久留米市にとって大きな自然の恵みです。市内を横切るように阿蘇山から有明海まで流れています。のどかで美しい景観だけでなく、西日本最大級の筑後川花火大会や筑後川マラソンなどのイベントも開催され、久留米市民のいこいのスポットとなっています。

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市筑後川

ほとめきの街 久留米「筑後川」

 

 

 

久留米の酒どころ城島で「酒蔵めぐり」

 

久留米市の城島町は、多くの酒蔵が立ち並ぶ酒どころ。筑後川のきれいな水と、筑紫野平野の肥沃な土地でできるお米によって、おいしいお酒が造られています。毎年2月に開催される城島酒蔵びらきというイベントは12万人が来場し、九州最大級と言われています。

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市城島町

JR久留米駅から車で約30分

第25回城島酒蔵びらき

 

 

耳納山からの風景を楽しみながらショッピング!「山苞の道(やまづとのみち)」

 

耳納山中腹にある、全長約5.7キロの道路です。地場でとれる野菜、果物などを買えるショップやおしゃれなカフェ、飲食店などが点在し、自然の四季折々の風景も楽しめる道です。史跡などもあり、散策にもピッタリ。

 

 

[INFORMATION]

福岡県久留米市田主丸町

久留米ICより車で約30分

ほとめきの街 久留米「山苞の道」

 

 

 

夏目漱石が歩いた「漱石の道」

 

明治時代に、夏目漱石が久留米を訪れ、高良山に登り、耳納連山を歩いて越えたことから名づけられた道です。漱石の道は、自然遊歩道「耳納縦走コース」と「発心城コース」の中に約14キロで、展望の良いところに、十の句のうち五句が選ばれ、句碑が建てられました。

 

 

[INFORMATION]

久留米市草野町草野664-1(発心公園)

JR草野駅より徒歩約15分

ほとめきの街 久留米「漱石の道」

 

 

 

豊かな自然と歴史の織り成す久留米の町並みを楽しんでみてはいかがでしょう?

 

 

写真提供:「ほとめきの街 久留米」

http://www.kurume-hotomeki.jp/