福岡県久留米市と言えば、世界最大手のタイヤメーカーであるブリヂストンが生まれた場所として知られ、同社にゆかりのある名所や観光スポットがたくさんあります。久留米ラーメン発祥の地でもあり、さまざまなご当地グルメが食べられる場所としても人気。今回は、定番から意外なものまで、久留米のおすすめグルメをまるっとご紹介します。

 

久留米市へのアクセスはこちら

 

 

実は発祥だった!?「とんこつラーメン」

 

九州のラーメンと言えばとんこつ。福岡の旅では外せないグルメです。実は、とんこつラーメンは久留米が発祥だと言われています。同じ福岡のとんこつラーメンでも、博多ラーメンとは違った味わいの久留米ラーメンのルーツは、昭和12年にさかのぼります。屋台の「南京千両」を営んでいた長崎県出身の店主が、ちゃんぽんと当時横浜で流行していた中華そばをヒントに考案したと言われています。その後、屋台の「三九」で白濁したとんこつスープが誕生し、久留米から九州全土にとんこつラーメンが広がっていきました。濃厚でコクのあるスープが特徴で、「カリカリ」と呼ばれる豚の背脂を揚げたものをトッピングするのは久留米ラーメンならでは!

 

 

 

久留米ラーメンのルーツにもなっている「ちゃんぽん」

 

久留米市はとんこつラーメンだけでなく、ちゃんぽんがおいしい場所としても知られています。1917年に、筑後地区初の中華料理店「光華楼」が創業し、長崎の「四海楼」と親戚であった関係からちゃんぽんが伝わり、「光華楼」のちゃんぽんは久留米ラーメンのルーツにもなりました。ラーメンと並ぶ人気メニューです。

 

 

 

天ぷらをのせて食べる「筑後うどん」

 

久留米の名物の一つとして知られている筑後うどん。昆布や鰹節、煮干などからとった出汁と、ふわふわの麺が特徴のやさしい味わいのうどんです。お好みで丸天と呼ばれる魚のすり身を揚げたものや、ごぼ天と呼ばれるごぼうの天ぷらを乗せて食べるのがポピュラーな食べ方です。

 

 

 

バリエーションが豊富な「焼き鳥」

 

久留米市は焼き鳥が有名で、1963年にとある屋台が売り出したのが始まりと言われています。当初は10軒ほどだった焼き鳥屋が、今では市内に200軒以上あるそう。当時は、鶏メニューは少なく、主に豚の腸のダルムや豚バラが中心だったようです。えのき、アスパラ、しそなどを豚肉で巻いた巻き串も人気。焼肉などもおいしいお店がたくさんあります。

 

 

 

かますに酢飯を詰めて豪快に味わう「かます寿司」

 

久留米市の伝統料理で、高良大社で毎年10月に行われる「おくんち」という神事の前後に作られ、古くから親しまれてきたかます寿司。もともと、魚のかますに米を入れたものを奉納する習わしがあったことが始まりです。尾頭つきのかますに酢飯を詰めて、姿のまま豪快に味わうごちそうです。

 

 

 

刺身、塩焼き、煮つけなどが味わえる「エツ料理」

 

魚介類がおいしい福岡県の中でも、久留米市では珍しいエツという魚を食べることができます。特に、城島はエツ料理が有名で、おいしさの秘密は、筑後川の淡水と海水が混じり合う位置にあることが挙げられます。不思議なことに、有明海に生息するエツは、海水にいる間は骨が固く身は薄いのですが、筑後川の汽水域に入ると身が厚くなり、骨がやわらかくなります。刺身はもちろん、塩焼き、骨せんべい、煮つけなど、さまざまなエツ料理を味わうことができます。

 

 

 

珍しいうなしゃぶも食べられる!「うなぎ」

 

福岡県でうなぎと言えば、柳川名物のせいろ蒸しが有名ですが、久留米市もうなぎ処として知られています。かつて、久留米市黒田地区には、筑後川でとれた川魚を扱う問屋が多かったことがその背景にあります。せいろ蒸しはもちろん、塩焼き、めずらしいうなしゃぶを食べられるお店もあります。

 

 

 

ピリっとした味わいの漬物「やましお漬」

 

久留米市北野町の特産品であるやましお漬は、高菜漬のようなピリっとした味わいのお漬物です。その歴史は300年以上。そのまま食べてもよし、炒めたり、高菜漬のようにチャーハンにしたり、お味噌汁に入れたりと、古くから家庭料理に欠かせない一品です。久留米市のお土産としても喜ばれています。

 

 

 

久留米のお土産として人気の和菓子「恋物語」

 

久留米市にある総本宮水天宮は、農業、漁業、航海だけでなく、安産の神さまとして全国でも有名な神社です。この水天宮に祀られている安徳天皇には恋物語の言い伝えがあります。これにあやかって生まれた名物、恋物語は、今は久留米のお土産として人気の和菓子です。

 

 

福岡有数のグルメの街、久留米市をまるごと味わってみませんか?

 

 

写真提供:「ほとめきの街 久留米」

http://www.kurume-hotomeki.jp/library/