福岡県の南部、筑後地方の南西部に位置する柳川市は、かつて城下町として栄えていました。堀割(ほりわり)と呼ばれる水路が町中に張り巡らされており、美しい景観を作り上げています。そんな柳川市には定番の人気グルメからここでしか食べられない珍グルメまで、美味しいご飯がたくさんあります。

 

 

名産地として有名の「うなぎのせいろ蒸し」

 

かつて柳川はうなぎの名産地としても有名でした。江戸時代に、老舗のうなぎ専門店、元祖本吉屋(がんそもとよしや)の初代・本吉七郎兵衛(もとよししちろうべえ)が考案したといわれるうなぎのせいろ蒸しは、今では柳川の名物料理として有名になりました。うなぎを一度焼いたあとにタレをまぶしたごはんにのせて蒸します。あつあつで香ばしく、ふっくらとやわらかいうなぎは柳川を訪れたら食べるべき一品です。柳川の至るところで味わえる街の自慢の一品です。

 

 

 

脂がのっていて味わい深い魚「ムツゴロウ」

 

有明海に面した柳川市では、有明海ならではのめずらしい魚介類を食べることができます。ムツゴロウもその一つ。東京ではほとんど見かけることのない珍しいハゼの仲間です。脂がのっていて味わい深く、味噌汁や煮つけにしてもうまみのある出汁が出ます。柳川では、新鮮なムツゴロウが手に入るので、お刺身などでも食べることができますよ。

 

 

 

有明海だけに生息している魚「エツ 」

 

エツもとても珍しい魚で、日本では有明海だけに生息しています。全長が30cmほどのカタクチイワシの仲間で、5月から7月がエツ漁のシーズンであり、脂がのっていてとてもおいしくいただけます。お刺身はもちろん、塩焼き、煮つけ、唐揚げなどさまざまな調理法で食べられます。エツは鮮度の落ちが早いため、柳川など、有明海近辺でのみ食べられるめずらしい魚です。

 

 

 

グロテスクな見た目が人気の魚「ワラスボ」

 

まるでエイリアンと言われるほどのおそろしい顔をしたワラスボも、有明海でよく獲れる魚です。ワラスボも柳川では、刺身やお寿司で食べられるだけでなく、お味噌汁にしてもおいしくいただけます。干物も名物です。近年では、そのグロテスクな見た目が人気となり、ワラスボの出汁を使ったインスタントラーメン、『エイリアンラーメン』がお土産としても人気です。

 

 

 

とろけるような口当たりが絶品「クチゾコ」

 

有明海で捕れるシタビラメの仲間で、とろけるような口当たりが人気の魚です。最も人気なのが煮つけ。煮汁のしっかり沁み込んだふっくらとした身がとてもおいしいお料理です。唐揚げやムニエルにしてもおいしく、11月から12月にはお刺身で食べられるお店もあります。

 

 

 

シャコの仲間で酒の肴にぴったりな「マジャク」

 

これまた変わった名前のマジャクとは、宿のないヤドカリのような生き物で、別名アナジャコと呼ばれるシャコの仲間です。マジャクは、有明海の干潟の砂地に穴を掘り、その中でプランクトンなどを食べて生きています。主に、塩ゆで、唐揚げ、天ぷらなどにして食べられます。殻が柔らかいのでそのまま調理され、素揚げなどでもおいしく、お酒のおつまみとしても人気です。

 

 

 

大きな二枚貝で、貝柱も美味「タイラギ」

 

タイラギは三角形の形をした大きな二枚貝です。特に貝柱がとてもおいしく、刺身はもちろん、バター焼き、塩焼き、寿司、粕漬けなどにして食べられています。ヒモも刺身や酢の物でおいしくいただけます。もちろんお酒のお伴にもピッタリ!

 

 

 

日本一の産地として知られてる「海苔」

 

有明海は海苔の養殖もとても有名で、養殖作業は冬の有明海の風物詩とも言える風景! 今や日本一の海苔の産地として知られています。有明海の豊富な栄養たっぷりの海苔は、やわらかくてとてもおいしく、最高級品として全国で食べられています。日本の食卓に欠かせない一品です!もちろん、お土産にも最適!

 

 

柳川を訪れたら、まずはうなぎのせいろ蒸し。そして、ぜひ珍しい有明海の珍味を楽しんでみてください。

 

柳川市へのアクセスはこちら

 

写真提供:「柳川写真館」

https://www.city.yanagawa.fukuoka.jp/kanko/shiru/photo/shashinkan.html