福岡県の北西部に位置し、県庁所在地として県の中心的な都市・福岡市。福岡県だけでなく、九州地方の行政・経済・交通の中心地でもあり、九州最大の都市でもあります。豊かな食文化と多くの名所が観光地としても人気があり、国内外から多くの人々が訪れます。そんな福岡市には名物が盛りだくさん! 編集部がおすすめする絶品グルメを紹介します。

 

 

福岡市のグルメで欠かせない「ラーメン」

 

豚骨ラーメンの発祥は久留米と言われていますが、福岡市には、博多ラーメンや長浜ラーメンがあり、誕生以来全国的に親しまれています。福岡市名物である屋台でも、おでんや焼き鳥などと並んでラーメンを楽しむことができます。博多ラーメンや長浜ラーメンで使われる麺は、素麺のような白くで細いストレート麺が一般的です。豚骨を長時間煮込んでとった白濁したコクのあるスープが特徴的です。同じ豚骨ラーメンでも、久留米ラーメンに比べると、福岡市で食べられるラーメンはあっさりとしたスープが多いです。近年では、煮詰めたとんこつスープと野菜や肉などを麺と一緒に炒めた焼ラーメンや、素麺のようなラーソーメンと呼ばれるものも新名物として幅広く楽しまれています。

 

 

鶏肉をじっくりと水から煮立たせたスープが美味しい「水炊き」

 

 

鍋料理である水炊きも外せません。皮や骨つきの鶏肉をじっくりと水から煮立たせたスープは、鶏のうまみがたっぷり。白濁した濃厚な鶏出汁のスープに、具材として野菜や鶏肉を入れて煮込むことにより、具材にスープのうまみがしっかりとしみこみます。あっさりとしているのに、コクのある味わいがクセになり、いくらでも食べられてしまう魅力があります。鶏のシンプルなうまみを味わったら、ポン酢や柚子胡椒を添えて食べるのもおすすめ。シメには雑炊やちゃんぽん麺を入れたり、スープ一滴残さず楽しめます。市内の至る所で食べられる名物グルメです。

 

 

あらゆる種類の魚介類を楽しめる「お寿司、お刺身」

 

 

 

 

玄界灘や瀬戸内海、有明海に面した福岡県は、おいしい魚介の宝庫です。福岡市内でも新鮮でおいしいお寿司や海鮮料理を至る所で食べることができます。福岡市は、市内の人口あたりの魚料理店の数が全国で一位なのです! 水揚げされた魚がその日のうちに店頭に並ぶので、新鮮でおいしい海鮮料理を食べることができるのです。あらゆる種類の魚介類を楽しむことができますが、中でもゴマサバや、ふぐ、唐泊恵比須(からとまりえびす)かき、弘のわかめなどが名物として有名です。あぶってかもと呼ばれるスズメダイの塩焼きも福岡ならではのグルメです。

 

 

お土産としても大人気「めんたいこ」

 

 

今や日本全国で親しまれているめんたいこも、日本では博多で最初に作られたと言われています。韓国でスケトウダラの卵を塩辛のようにして、唐辛子をまぶして保存したものをヒントに、「味の明太子ふくや」の初代社長である川原俊夫氏が1949年に商品化したのが、現在の辛子めんたいこの始まりです。今ではお土産としても大変人気で、街の至るところで購入することができます。

 

ふわふわしたコシの弱い麺が美味「うどん」

 

 

うどんと言うと香川のイメージが強いですが、実は、うどんの発祥は福岡と言われています。福岡市では、博多うどんと呼ばれて日常的に食されています。うどんはコシがあることが良いとされる地域も多いのですが、博多うどんはふわふわしたコシの弱い麺が特徴。その理由は、九州のうどん粉に使われるタンパク質の少ない小麦を使っているからと言われています。つゆは透き通っていて、煮干し、サバ節、鰹節、アゴ、昆布などから出汁を取り、うす口醤油で仕上げるのが一般的です。特に地元では、ゴボウ天を乗せたもの、丸天と呼ばれる練り物を乗せたもの、肉が乗ったうどんが愛されています。

 

 

もつとニラが奏でる絶品鍋料理「もつ鍋」

 

 

福岡で、水炊きと並んで有名な鍋料理がもつ鍋。そのルーツは戦後、もつとニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものが始まりです。それが発展し、改良され、鰹や昆布でとった出汁に、醤油や味噌で味つけをし、もつとニラ、キャベツ、にんにく、唐辛子を入れるのが現代の一般的なもつ鍋のスタイルとなっています。シメにはちゃんぽんの麺を入れて食べるのが人気です。市内には老舗から新しいお店まで、オリジナルのこだわりのもつ鍋を提供する店が多くあります。

 

食べやすい一口サイズが女性にうれしい「餃子」

 

 

博多の屋台で生まれた博多餃子の特徴は、そのサイズ。一口サイズなので、一口餃子とも呼ばれています。九州の調味料、柚子胡椒と食べられることも多いのも博多餃子ならでは。鉄鍋にきれいに並べられた焼き立ての鉄鍋餃子や、あつあつのスープに入った炊き餃子も、近年福岡の名物として定着しています。

 

 

タレがかかったキャベツも一緒に出してくれる!「焼き鳥」

 

 

鶏肉がよく食べられている福岡では、焼き鳥も有名です。特に博多名物として知られているのが、とりかわ。串焼きのとりかわは、まわりはカリっと焼かれ、中はふっくらジューシーな味わいです。キャベツはいくら食べても無料の所が多いそう。焼き鳥と一緒に出てくるキャベツが出てくるのは福岡発祥なのです。

 

筑前煮として全国的に親しまれている「がめ煮」

 

 

福岡の代表的な郷土料理で、筑前煮として全国的に親しまれている料理です。他の地域の煮ものとの大きな違いとして、最初に具材を炒める工程があります。その後、出汁、酒、醤油、みりん、砂糖で味つけをし、骨付きの鶏肉を入れて煮込むのが特徴です。

 

お正月に欠かせない「博多雑煮」

 

 

全国的にお正月に食べられているお雑煮は、地域ごとに特徴があります。博多の雑煮はアゴ出汁にブリ、カツオ菜、丸餅を入れるのが特徴。具だくさんで味わい深い、福岡ならではの豪華なお雑煮です。

 

ぜひ福岡市を訪れて、福岡ならではのおいしいお料理を満喫してください。

福岡市へのアクセス

 

写真提供 「まるごと 福岡・博多」

関連情報 福岡市公式シティガイド「よかなび」