3人のファーム(2軍)女子が恋に右往左往する様子を描きつつ、筑後市の魅力もしっかり伝えるしたたかな様子は、恋に全力投球する女子そのもの。

 

 

こちらのPR動画は、福岡ソフトバンクホークスの2軍、3軍のいわゆる『ファーム』が筑後市にあることが背景にあるよう。恋愛の神様と言われる恋木(こいのき)神社、珍しい天然炭酸泉を飲むことができる船小屋鉱泉場などの観光スポットにもぜひ訪れたいものです。

筑後市へのアクセス

飛行機の場合:

羽田空港から福岡空港まで約2時間。福岡市営地下鉄で福岡空港から博多まで6分。JR鹿児島本線で博多駅から羽犬塚駅まで約50分。

鉄道の場合:

新幹線で東京駅から博多駅まで約5時間。JR鹿児島本線で博多駅から羽犬塚駅まで約50分。

羽犬(はいぬ)伝説、恋の町、歴史も学べる筑後市

筑後市役所の最寄駅で市の中心部にある羽犬塚駅の地名の由来、羽犬伝説には豊臣秀吉が九州遠征の際に、この地で羽の生えた犬に出くわし、退治したという説と、羽が生えたように速かったと言われる秀吉の愛犬が病死したため塚を建てたという説があります。この伝説の碑と、町のあちこちにある羽犬の像が、人気の観光スポットとなっています。

筑後市は、「恋のくに」を観光コンセプトにしています。PRムービーでも紹介されていた、日本で唯一「恋命(こいのみこと)」を祀った恋木(こいのき)神社には、若い女性を中心に全国から参拝者が訪れる場所です。

1226年に創建された水田天満宮や、筑後市指定文化財を多数持つ筑後市最古のお寺、光明寺など、歴史ある寺社仏閣が見ものです。幕末の討幕・尊王攘夷運動家を数多く輩出した、門弟教育の場「山梔窩(さんしか)」でも、この地域の歴史を学ぶことができます。

恋に効く♡恋グルをいただく旅がおすすめ!

濃恋茶パンケーキ

「恋のくに」の筑後市には、日本で唯 一「恋命」を御祭神として祀る恋木神社など、 全国有数の恋に効くパワースポットがあります。そこで食べる“恋グル”はインスタ映えする食べ物が盛りだくさん。 牛島製茶 筑後けやき通り店で食べられる「濃恋茶パンケーキ」は食べるのがもったいない!と思うくらいキュートな見た目。気になるパンケーキは、どら焼きの皮で使われている和風玉露を使用。濃密な恋ができるように祈りながらハートの湯のみに紅茶をいれると恋愛が成就するかも!?

 

恋のくに筑後市で恋にちなんだ町巡りをしてみませんか?

 

福岡県観光情報公式サイト

「クロスロードふくおか」

https://www.crossroadfukuoka.jp/