国指定の重要無形民俗文化財であり、福岡県の三大祭の一つに数えられる福岡県北九州市の戸畑祇園大山笠を紹介するPRムービーです。準備段階から、運営に関わる人々のインタビューを中心に、実際のお祭りの様子を見ることができます。

 

 

大山笠には12段、309個もの提灯が飾られ、その姿はまさに光のピラミッド。豪華絢爛で迫力満点のお祭りです。

北九州市中心地までのアクセス

飛行機の場合:

羽田空港から北九州空港まで約1時間45分。北九州空港から小倉駅新幹線口まで西鉄バスで約35分。

鉄道利用の場合:

東京駅から新幹線で小倉駅まで約4時間45分。

自然も多く、見どころもいっぱいの楽しい町、北九州市

門司港(もじこう)レトロ

周囲を海と山に囲まれた自然豊かな中に、実に多くの見どころや観光スポット、グルメがつまった魅力的な町です。九州最北端の場所にある門司港(もじこう)レトロ地区も近年話題を集めています。明治の後半から横浜、神戸と並ぶ国際貿易港として栄えた門司港は、今も当時の面影を残すレトロな建物が数多く立ち並びます。歴史とロマンがあふれる市内屈指の観光スポットで、町並みを楽しむ散策はもちろん、ショッピングやグルメも楽しむことができます。

関門エリアにある和布刈(めかり)公園には、展望台や門司城跡などもあり、関門海峡の景色も楽しむことができます。和布刈神社にもぜひ立ち寄ってみてください。関門海峡には、宮本武蔵と佐々木小次郎が決戦をしたと言われている巌流島もあります。

北九州の中心地、小倉には小倉城があります。夜はライトアップされ、にぎやかな街を彩っています。小倉は昼も夜もにぎやかで楽しい町ですが、そこから少し離れたところに世界遺産の八幡製鐵所(やはたせいてつじょ)があります。北九州市には、美術館や博物館も多く、見どころ満載です。

オリジナリティあふれるご当地グルメもいっぱいの北九州市

北九州市は、海の幸、山の幸に恵まれた豊かな土地です。下関が近いこともあり、おいしいふぐをはじめ、たこなどの新鮮な魚介類も楽しむことができます。ブランド牛、小倉牛も希少な牛肉として食べられています。おいしい食材だけではなく、北九州市にはオリジナリティあふれるご当地グルメも盛りだくさん。古くは、八幡製鐵所で働く人々に愛されたという「八幡ぎょうざ」や「戸畑ちゃんぽん」。今や日本全国で親しまれている「焼きうどん」も小倉発祥だと言われています。伝統的な郷土料理としては「ぬか炊き」と呼ばれる、サバやイワシなどの青魚を醤油やみりん、山椒で煮込んでぬかみそを入れて炊いた料理もあります。近年では、門司港発祥の「焼きカレー」も新たなご当地グルメとして話題を呼んでいます。

見どころいっぱいの北九州市で、観光とグルメの旅を満喫してはいかがでしょう?

 

福岡県観光情報公式サイト

「クロスロードふくおか」

https://www.crossroadfukuoka.jp/